シーズン後半戦『PUBG JAPAN SERIES season5 Phase2』開幕(Day4)、「Crest Gaming Xanadu」が3ドン勝で好発進

PC版『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』公式リーグ『PUBG JAPAN SERIES season5 Phase2』のDay4が5月29日(金)、30日(土)に行なわれました。

PUBG JAPAN SERIES season5 Phase2 Day4

「Phase2」は、3月に行なわれた「Phase 1」(Day 1~3)から約2ヶ月ぶりの開催。

通常、「Grade 1」はオフラインでの実施となりますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「Grade 2」と同じく全試合がオンラインで行なわれています。

「Grade 1」のオープニング2ゲームは、Japan Crest Gaming Xanaduが2連続でドン勝(1位)を獲得。さらに5ラウンド目でもドン勝を取り、合計3ドン勝獲得と、強い Japan Crest Gaming Xanaduが帰ってきた、という印象でした。

ラウンド3のラストは Japan ELEMENT.36の Japan satou選手、Japan Rascal Jesterの Japan Wesker選手による1vs1。20秒近くにおよぶすさまじい射撃が繰り広げられ、Japan ELEMENT.36のドン勝となりました。このシーンは必ず観て欲しいところです。

あまりの激しい1vs1にまるでアリーナFPSのようだ、と思っていたのですがマップの形状も微妙に似ていました。

PUBG
Quake 2「The Edge」

ラウンド4は、Japan Sengoku Gamingのチーム内ボイス付きシーン映像からそのままドン勝獲得という展開に。メンバー達が目にしたものを逐次報告しながらキルを奪っていく見事な連携でした。解説のSHAKAさんは報告するのと同じくらい、それをしっかり聞いて対応出来るのが大切という話をされており、Japan Sengoku Gamingはまさにそのようなプレーを見事に行なっていました。

ラウンド6は、1人生き残り順位を上げ続けた Japan Rascal Jester所属 Japan SeaKingJAWS選手のプレーがとにかく見事。ラストは Japan BLUE BEES と Japan ELEMENT.36 による撃ち合いとなり、Japan ELEMENT.36がドン勝獲得となりました。

Day4は3ドン勝でキルも最多の Japan Crest Gaming Xanadu が2位に18ポイント差をつけて好発進。シーズン総合ポイントでも、Japan SunSsiterと同じ178ポイントとなっています。

Day 4最終スコア

シーズン総合スコア

Day 1結果

Grade 1 ドン勝

Grade 2 ドン勝

Day4 個人的面白シーン

関連記事

『PUBG JAPAN SERIES season5 Phase1』で「SunSister」が優勝、世界大会出場権を獲得

参考

ゲーム紹介