CS:GO最大の日本コミュニティリーグ『宴』主催者達が『UTAGE VALORANT』を始動、6月14日(日)より参加登録開始

『CS:GO』最大の日本コミュニティリーグ『』が、『VALORANT』リーグ『UTAGE VALORANT』を開催すると発表しました。

UTAGE VALORANT

『宴』は日本Counter-Strikeシリーズのレジェンド Japan XrayN、Japan noppo、Japan XENQLITYたちが、「コミュニティへの恩返しとして継続して競える場を提供したい」という想いから2018年10月に発足させたコミュニティリーグです。

CS:GO初回大会は、日本CS:GO史上最多となる全157チーム(1,009人)がエントリーするほどの注目となり、現在も継続して大会が開催されています。

主催者達は『VALORANT』チーム Japan Atomic GGを結成しており、この関連プロジェクトとして『UTAGE VALORANT』が展開されていきます。

『UTAGE VALORANT』は、CS:GO版のシステムを踏襲し実力に合わせた5階級に別れてのリーグ戦を行ない、プレーオフで各階級の王者を決定するという方式で開催されていきます。

開催頻度は年に3~4回程度で、予選は1ヵ月の間に4~6試合を行なうペースで進行されます。大会のエントリーは2020年6月14日からスタート予定です。

階級

GENERAL(ジェネラル)
プロ、もしくはプロと対等に渡り合える自信があるチームが対象

COLONEL(カーネル)
元プロ、もしくはプロシーンを目指している、FPS/TPS上級者チームが対象

LIEUTENANT​(ルーテネント)
FPS/TPS経験者、中級者チームが対象

SERGEANT​(サージェント)
FPS/TPS経験者、初心者チームが対象

PRIVATE​(プライベート)
ほぼFPS/TPS未経験者、大会に参加することを純粋に楽しみたいチームが対象

主催者のコメント

僕ら主催者がこのコミュニティリーグを通して実現したいことは「国内FPS/TPSプレイヤーの総力戦」です。『VALORANT』は、全てのFPS/TPSタイトルの猛者たちが集結し、本当の国内FPS/TPSの最強を決めるタイトルだと感じています。「総力戦」というのは、ただ猛者たちを集結させ国内No.1を決めるお祭りを演出したいわけではなく、esportsのTier1タイトルの世界大会決勝で日本人が戦っている、そんな景色を実現する為の下地作り、初級者から上級者、すべてのプレイヤーが楽しめるかつ成長できるリーグ作りを目指しています。

関連記事

昇格・降格ありの階級制を採用する日本CS:GOリーグ『宴(うたげ)』が2019年より始動、レジェンド達がコミュニティに恩返し、継続して競える場を提供

CS:GOリーグ『宴』の階級分け発表、先着124チーム(831人)が出場、総エントリーは157チーム(1,009人)を記録

CS1.6のレジェンドXrayN、Noppo、KeNNy、XENQ、ICEBERGがVALORANTチーム『Atomic GG』を結成、国内上位入賞を目指す

情報元