eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL』が立ちあげたCS:GOのスキルを向上させるためのプラットフォーム『CSGOHUB.com』

『ESL』が、『CS:GO』の試合データを元に自身のスキルを向上させることが可能となるプラットフォーム『CSGOHUB.com』をベータ公開しました。

CSGOHUB.com

『CSGOHUB.com』に登録し、Steamアカウントとの連動を行う事で自身の公式マッチメイキングや『ESEA』の試合データを解析し、試合データを詳細に数値化して表示してくれます。
※登録には、30日以内に公式マッチメイキングを行なった試合のデータが必要。そのために久々にCS:GO MMをやりましたが最高に面白かったです。

また、各マップの各スポットにおけるデータも統計をベースに閲覧出来るようになっています。

かなり様々なデータが用意されているので、プレーを見直したい人はとりあえず登録してみてると、新たな発見があって面白いかと思います。

登録方法

似たようなサービスとして『SCOPE.GG』というサイトもあり、こちらはWeb上の2Dマップで各ラウンドの動きを再現出来たりする機能や、グレネードの軌道や炸裂位置を確認出来る機能などもあります。

関連記事

プロゲーマーの照準をワンタッチで使用可能、Bot撃ち、バニホ、プリファイアなど多彩なトレーニングが可能な「CSGOHUB.com Skills Training Map」

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/