eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

eSports Xanver: ZYGEN NP-01の形状デザインを行なったきっかけ

『VAXEE』で製品開発を担当するXanver氏による連載シリーズ「eSports Xanver」にて、先日発表されたesportsマウス「ZYGEN NP-01」のデザインに関する考え方が明かされました。

当サイトでは、Xanver氏のチームより日本語版を提供いただいており、下記に日本語訳版を掲載いたします。

eSports Xanver: ZYGEN NP-01の形状デザインを行ったきっかけ

マウス形状のビデオを公開した日は、私は午前2時までコメントに返答し、ヨーロッパから来た私の同僚も同じ事をしていました。私が午前8時、つまり彼の午前2時に起きるまで、時間はとても早く過ぎます。私たちが100%一つのことに集中すると、食事、トイレ、疲れよりも、「より良い反応を得る方法」だけを追い求めていました。

私たちは小さな会社であることははっきりしていますが、会社を大きくすることはモチベーションではありません。私たちは、思いやりのある方法で細部まで最善を尽くしたいと思っています。私たちは、みなさまからのメッセージを見て、すべてのメッセージにできる限り真剣に答えました。そうして私たちへ届いたユーザーからメッセージの一つに:

VAXEEは本当に誠実だ。あなたがTwitterやRedditでフィードバックを返しているのを見たことがありましたが、ここでも同じだとは思いませんでした。ぜひ1つ買って、応援したいと思います。

このような反響をいただき、大変嬉しく思っています。良い製品を提供するだけでなく、より良いサービスを提供したいという目標から一歩進んだということです。また、世界中のVAXEEのメンバーが同じ精神と姿勢を持っていることの証明でもあります。

私たちはマウスのデザインについて多くのアイデアを持っています。すべての調整には独自の理由があるため、私たちはコンセプトを非常に直接的かつ単純な方法で共有し、このような共有を通じて誰もが私たちの製品をよりよく理解できるようにします。ユーザーは、製品が自分に合っているかどうかもわかるでしょう。誰もが満足できる製品はなく、誤って不要な製品を購入してしまう事を私たちは避けて欲しいと考えている為です。

ZYGEN NP-01の形状設計については、これまでのビデオでも数多く紹介してきましたが、デザインの観点から私のインスピレーションを共有したいと思います。

私が選手だった頃は、左右対称のマウスを一番長く使っていました。ピーク時には、1日8時間ほとんど中断することなくトレーニングを行っていたので、私のマッスルメモリーは左右対称のマウスに使われていました。

私が製品開発の仕事を始めた頃、最初に開発したマウスは非対称形状で、このマウスは多くのCS:GOプレーヤーに使われていました。皆さんの習慣をより深く体験するために、非対称マウスを使うことに多くの時間を費やしてきましたが、とても快適な使用感で、長時間使っても疲れませんでした。しかし、左右対称のマウスで同じことをすると、しばらくゲームをした後に薬指と小指が痛くなります。しかしマウスのコントロールに関しては左右対称のマウスを使った方が安定しています。

最初に言った左右対称のマウスにマッスルメモリーが使われていたのかもしれません。

私と同じ悩みを持っている人もいると思うので、私たちのグループの習慣に合った形をデザインしたいです。深く理解した後、私は対称的な使い方と非対称的な使い方の違いをいくつかまとめました。

非対称型を使うと疲れにくいのは、背中が傾いているからです。これは私のグリップをティルトグリップに変え、手首の角度をより直立にし、より自然で快適にします。左右対称の形よりも左右非対称の形の方が私には楽なんですね。

しかし、背中が傾いているため、手首の角度が制限されている。そのため、私はやむを得ず
普段、左右対称のマウスを持っているときの手首の自然な「ローチルトグリップ」の角度を変えてみました。この間、私のコントロールにはいくつかの変化がありました。非対称マウスで左右に移動するのは簡単ですが、意図した距離以上に移動してしまう(つまりオーバースワイプ)こともあります。左右対称のマウスはそれほど快適ではないが、私の筋肉の記憶ではこれが一番自然である。左右の移動は比較的硬いですが、位置決めは正確です。薬指と小指が痛くなりやすいのですが、プレイしやすくなりました。

すると、非対称マウスの右側の曲率が伸びていることに気づき、薬指と小指が対称の形よりも自然に配置されていることに気がつきました。そこでひらめきました。角度を制限せず、右側の曲率がより明確になるような形状をデザインしたい。だからこそ、NP-01では「フラット/非対称」のデザインを重視しています。noppoさんのマウスの持ち方を見て、私が考えていたこのような形状も似合うのではないかと思いました。

フラットバックデザインは手首の角度を制限しません
右側の延長された曲率は、薬指と小指を快適に配置するためのより多くのスペースを提供します

ここにいくつかのesports愛好家のためのいくつかの提案があります。快適な形状は、マウスを選択するための最初のオプションです。2番目のオプションは、快適な形状で上手にプレイできるかどうかです。

NP-01のような「フラット/非対称」の形状がない場合、私は競う必要があるゲームのために左右対称マウスを選択します。指が痛くなったとしても、もっと上手にプレイできると思います。競う必要が無い用途では、非対称の形状を選択します。それは、より快適だからです。

私がデザインコンセプトを共有する理由は、私と同じ問題に直面している人々を助けたいからです。プロセス全体を理解すると、正しい形状を選択するのに役立ちます。逆に、NP-01が自分に適していないことを誰かが理解するのにも役立ちます。今後、ユーザーの使い勝手に合わせて、さらに形を変えていく予定なので、全く問題ありません。もう少しお時間をください。

VAXEE Twitterで「ZYGEN NP-01」の最新情報発信中

上記が、Xanverさんが書かれた記事の日本語版です。ここからは、サイト運営者である自分の考え方についての文章となります。

『VAXEE』の日本公式Twitterでは、ファン達のツイートを見て質問に答えたりオススメポイントを返信するということが積極的に行なわれています。また、要望に応えて、「NP-01」と『ZOWIE』の「EC2」「S2」マウスとの形状比較についての説明も即座に公開しています。

新たなブランドの立ちあげ時に、「人の役に立つ製品を作りたい」「私たちのやり方に賛同し、信頼を寄せてくださる仲間の皆様には、より効率的に、よりパーソナルなサービスを提供していきたい」ということが説明されていましたが、まさにその通りな展開が行なわれていることになります。

現在のゲーミングマウスは、どのブランドもスペック的には必要十分のラインを満たしており大差がありません。ゲーマーがどのようにデバイスを選んでいくのかというと、「1. 信頼出来る評価を参考とする」「2. 自分が使いやすいものを選ぶ」「3. ブランドの考え方やストーリーに共感出来るものを選ぶ」ということなのかなと思っています。

この中だと、自分は「2」と「3」の比重が高いのですが、少数精鋭のチームで丁寧にゲーマーとのリレーションを行なっている『VAXEE』は「3」の部分について、早くも良いなと感じています。全員がそうなるわけではありませんが、この部分でファンになる人もいるのではないでしょうか。そういった点が好きというような人は、『VAXEE』の展開に注目してみてください。

関連記事

『VAXEE』とレジェンドNoppo氏が作ったとんでもないesportsマウス『ZYGEN NP-01』の詳細動画が公開

『ZOWIE』創設メンバーたちが新たなデバイスブランド『VAXEE』を設立

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/