eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

VALORANTトップチームが体制変更『BlackBird Ignis』の「neth」選手が『Crazy Raccoon』に加入、「hNt」選手はストリーマーに

Japan BlackBird Ignis と Japan Crazy Raccoon が、『VALORANT』部門の新体制について発表しました。

『BlackBird Ignis』と『Crazy Raccoon』が新体制を発表

両チームの新体制については、以下のようになっています。

BlackBird Ignis

  • Japan poem
  • Japan oitaN
  • Japan RIPablo
  • Japan popogachi NEW
  • Japan NeokinG NEW
  • Japan hNt Streamer

Crazy Raccoon

  • Japan zepher
  • Japan Tonbo
  • Japan rion
  • Korea Medusa
  • Japan neth NEW (ex-BlackBird Ignis)

BlackBird Ignisのメンバー変更

チームの公式発表時、Japan neth選手の今後については明かされていませんでした。

Japan hNt 選手はモチベーション低下により当面は選手を離れ、ストリーマーとしてTwitchでの配信をメインとした活動にシフトとなりました。

Japan BlackBird Ignisは、2人の新メンバーを加えた新体制にて、9/3(水)19時からの『A.W EXTREME MASTERS Pro Invitational』DetonatioN Gaming戦に登場予定です。

Japan Absolute JUPITER と Japan BlackBird IgnisはCS:GO時代からオフライン決勝大会で幾度も激突してきたライバルチーム。両チーム・フルメンバーによる『VALORANT』での対戦は、『RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT』準決勝で行なわれた1試合のみとなりました。

今後は、新たな体制となった Japan BlackBird Ignis によるリベンジマッチの実現に期待です。

Cray Raccoon 新メンバー

Japan neth選手は9月1日付けで Japan Crazy Raccoonに加入することが発表されました。Japan Crazy Raccoonは5人目のメンバーとして「セージ」を使えるメンバーを募集していました。

最近では、「セージ」抜きの構成も普通になってきたことから、ここには拘らず実力重視でJapan neth選手を獲得したということでしょうか。

Japan neth選手は、チームのエース Japan zepher選手と同じジェット使いでアグレッシブなプレーが魅力。さらに、『CS:GO』における日本トップ選手の1人でもあり、Japan Crazy Raccoonの課題とされるタクティカルFPSの経験・知識の面でも大きく貢献していきそうです。

関連記事

『VALORANT』での活動を宣言した『BlackBird Ignis』インタビュー、最後まで『CS:GO』にこだわり続けたチームが転向を決めた理由とは

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/