eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『CS:GO』アップデート(2020-09-08)、マップ「Anubis」「Mutiny」の不具合・調整を実施

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 9/8/2020

MAPS

Anubis

  • 移動しやすくするようspawnpointをお互い離すようにした
  • propのフェースが見えない、prpoを通過して武器が落ちる、propが浮く、ブラシフエースが見えない、prpoのz-fightingなどの様々なバグを修正した
  • グレネードの跳ね返りがスムーズになるようAショートのトリムにグレネードクリップを追加した
  • レーダー上の細かな間違いを修正した

Mutiny

  • テロリスト側からAサイトへのレイアウトをオーバーホールした
  • より良いパフォーマンスのためにpropのフェードディスタンスを調整した
  • 教会にあるレンガのテクスチャを変更した
  • 一部モデルの視覚的忠実性を改善した
  • マップ全体のフロアテクスチャを置き換えた
  • low shader設定を使用している時に葉のかわりに暗く表示されてしまうのを修正した
  • 様々なマイナーバグを修正した

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/