eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESIC』、『CS:GO』観戦バグを使用したコーチ37名に対する処分を発表

『Esports Integrity Commission』(ESIC)が『CS:GO』で問題化しているコーチ観戦バグによる不正調査を行ない、その経過報告と処分について発表しました

『ESIC』、『CS:GO』観戦バグを使用した不正を調査

『Esports Integrity Commission Findings』は、esportsにおけるあらゆる不正行為を撲滅することを目的とする団体です。

今回の問題は、コーチが『CS:GO』の不具合を悪意をもって使用する事で、通常ではわからない対戦相手の居場所を把握することが可能となるもので、発覚してから『ESIC』の調査が進められてきました。

調査内容

  • 2017年以降に行なわれ大会における99,650個のデモファイル(試合の流れを記録したファイル)のうち、現時点で20%のレビューを実施
  • 特定のパラメーターを付与しながらデータを解析
  • 人力チェックにより、疑わしいデモファイルを分類
  • 疑わしいデモファイルを改めて人力チェック、誤検知だったファイルを除外
  • 調査結果を判定基準と照らし合わせて処分を決定

調査結果の証拠となる動画等は、以下のリンクにまとめられています。

かなりアクセスがあるようで、Google Driveで決められた再生回数を超えてしまっており現状では動画を見ることが出来ませんでした。

判定基準

上記の調査を元に、指標に照らし合わせて各コーチの処分が下されました。

使用した試合数

  • 3件以上:3ポイント
  • 2件:2ポイント
  • 1件:1ポイント

使用したラウンド数

  • 50ラウンド以上:5ポイント
  • 20ラウンド以上:3ポイント
  • 7ラウンド以上:2ポイント
  • 7ラウンド未満:1ポイント

処分判定

  • 36ヶ月:8ポイント
  • 18ヶ月:6~7ポイント
  • 10ヶ月:3~5ポイント
  • 5ヶ月:2ポイント以下

処分譲歩

  • 調査前の告白:40%減
  • 告白の全面受け入れ:25%減
  • 告白の一部受け入れ:12.5%減
  • 告白拒否:0%
  • 調査協力:20%減

対象者37名・出場停止期間

名前 使用時チーム 発覚数 出場停止月数
Finland Twista iGame.com 2 15.75
Denmark casle maquinas 2 10
Argentina dinamo Furious Gaming 2 10
Brazil ArnoZ1K4 Evidence 1 10
Denmark Rejin Tricked 7 19.8
Venezuela glouDH Freestyle 2 10
Brazil prd Neverest 5 10
Russia nooK Quantum Bellator Fire 1 7.5
Brazil rikz DETONA Gaming 1 10
Brazil Apoka Luminosity
INTZ
BOOM Esports
6 5.4
Russia MachanoGun(zoneR) Hard Legion 16 36
Argentina hellpopovich 9z Team 2 10
Russia fuRy^ DreamEaters 1 7.5
Kazakstan Solaar Syman
K23
2 10
Denmark HUNDEN Heroic 2 8
Brazil dead SK Gaming
MIBR
5 6.5
Brazil guerri FURIA Esports 2 4
Bosnia And Herzegovina pita Ninjas in Pyjamas 2 10
Russia AKIMOV Hard Legion 1 7.5
Russia F_1N Gambit Youngsters 6 8.75
Brazil ellllll Imperial
paiN Gaming
3 10
Brazil peu W7M Gaming 2 5
Sweden RobbaN FaZe Clan 1 5.5
Poland Loord Team Kinguin
Aristocracy
2 6
Bulgaria ToH1o ex-Outlaws
Windigo Gaming
2 10
Ukraine Andi Natus Vincere 1 10
Czech Republic pepik eSuba 1 10
France B1GGY Team Heretics 3 7.5
Sweden chrille Epsilon
Red Reserve
2 10
Ukraine starix Natus Vincere 1 10
Denmark ave North 1 6
Norway RoSeY Nordavind 1 10
Ukraine LMBT_R HellRaisers
forZe
3 7.5
Denmark FeTiSh Heroic 1 3.75
Poland miNirox AGO 1 3.75
Bulgaria pNshr SKADE 1 3.75
Denmark ruggah Dignitas 1 3.75

各コーチは、上記の決定に対して異議申し立てを行う事も可能で、その場合は本調査の責任者であるKevin Carpenter氏宛に理由説明を送付することとなっています。

一部のコーチ・チームは調査結果に対する声明を発表

FaZe ClanのRobbaN氏は、自ら本件に関する説明を投稿。
悪意をもって不正を行なったことはなく、画面がおかしい事については認識しており、その際にはメンバーとの会話を行なわず、審判にも報告を行なったとのこと。結果として、調査対象となった試合については16-1で敗北しています。RobbaN氏は自らの潔白を訴えると共に、自分の選択肢としてはゲームの中断やテクニカルポーズをかけることも出来たはずで、そうしなかったことについては後悔しているとのことでした。

Apoka氏は、コーチバグの問題について9月1日に自身の配信を通じて報告を実施。
バグが発生した試合については、操作を行なわないようにして公平性を保つように努めたとのこと。この際の様子は動画があり、それをもって自身の潔白を証明していました。

OGは、ruggahコーチと共にESICに連絡を行ない、調査協力を行なったことを報告。
ESICの決定について従うと共に、ruggah氏はハイレベルな競争力を維持するのに必要不可欠な人材であることから、今後も継続して取り組みを行なっていくとのことで、ファンに対して理解を求めるコメントとなっていました。

Gambit Esportsは、F_1N氏の9ヶ月間出場停止という調査結果は残念としながらも、チームの方針として不正やバグの使用を認めていないことから今回の決定を受け入れ、F_1N氏を一時的にヘッドコーチから外すことを報告していました。

関連記事

『ESL Pro Tour CS:GO』で3チームのコーチが観戦バグを不正使用、チーム成績無効・コーチは出場停止処分に

『Esports Integrity Commission』が2016年までさかのぼりコーチ観戦バグの使用を調査へ、約2.5万個の試合デモファイルをAIと人力で検証

ValveがCS:GOメジャー大会『ESL One: Rio 2020』の開催延期を発表、プロチームコーチの観戦バグ不正についての処分は詳細解明まで保留

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/