eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『テクノブラッド』がJR東日本スポーツ株式会社とeスポーツ事業における業務提携を発表

eスポーツの施設開業・運営支援や大会開催などを行なう『テクノブラッド』が、JR東日本スポーツ株式会社とeスポーツ事業における業務提携を発表しました。

『テクノブラッド』がJR東日本スポーツ株式会社と業務提携

今回の発表について、プレスリリースでは以下のように記載されています。

これまでeスポーツの大会、イベントの主催、運営を行なってきた実績に加え、主にネットカフェやeスポーツカフェといった業態にて行ってきた施設運営サポートの経験を活かして、eスポーツ・プレイヤーがより楽しめる環境の構築、拡大に努めてまいります。

こちらだけでは具体的な内容がわからず、「山の手線ゲームがついにeスポーツになるのではないか」とジョークを飛ばしていたのですが、JR東日本スポーツ株式会社側のリリースにより詳しい情報が記載されていました。

これまでにも当社が運営するリラクゼーション施設「リラクゼ」の⼀部店舗にて、
eスポーツ向けのリラクゼーションメニュー提供を行なってまいりましたが、
今後はe スポーツ施設運営等を通じて、
eスポーツ・プレイヤーに訴求を行なっていくとともに、
「ジェクサー」ブランドで展開するフィットネスクラブや「リラクゼ」等の
顧客層の拡大にもつなげてまいります。

調べてみると、JR 東日本スポーツ株式会社は2019年2月6日にプロeスポーツチーム Japan BBV Tokyoメインスポンサーに就任

これと合わせてハンドケアやアイムアのサービスを「リラクゼ」にてスタートしていました

今後はeスポーツ施設運営の計画があるとのことなので、「ジェクサー」のように駅ナカや駅チカにeスポーツ施設が展開されていることになる可能性がありそうです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!