eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

テクノブラッド、国際eスポーツ連盟(IESF)公認のグローバルeスポーツリーグ『World Super League』(WSL)の正式発足を発表

株式会社テクノブラッドが、グローバルeスポーツリーグ『World Super League』の正式発足を発表しました。

World Super League

テクノブラッドは、2020年6月に『国際eスポーツ連盟』(IeSF)と国際eスポーツリーグ『World Super League』(WSL)の大会運営会社として基本合意書を締結。

そして今回、IeSF公認大会として『World Super League』が正式発足となりました。

開催情報

  • スローガン:「The Esports you Making!」
    • ファンが作っていくeスポーツ大会
    • ファンの意見を反映して大会開催地・種目・出場選手などを選定
  • 開催地域:アジア・オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、中東アジア・アフリカ
  • 賞金総額:45万ドル (約4650万円, $1=103.34円)
  • グローバルファイナル:2021年末にを韓国で開催
  • 競技ゲーム: 正式種目×5、デモンストレーション種目×3
  • 各国代表選抜:2021年5月に発表予定 (オープン参加方式、招待方式を併用)

関連記事

テクノブラッドが国際eスポーツリーグ『World Super League』(WSL)の大会運営会社として基本合意書を締結を、競技ゲームの国内リーグを展開予定

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!