eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『OG』がVALORANT部門を設立、チームのルーツ「Monkey Business」のチーム名でプレーしていたメンバー達と契約

『Dota 2』世界公式大会2年連続王者の『OG』が、VALORANT部門の設立を発表しました。

『OG』がVALORANT部門を設立

『OG』のVALORANT部門となったのは、「Monkey Business」として『Red Bull Home Ground』に出場しベスト8となったメンバー達です。

「Monkey Business」とは、『OG』の創設者にしてDota 2部門のキャプテン Denmark Johan “N0tail” Sundstein氏が2015年に立ちあげた Dota 2チームです。この「Monkey Business」が、後に『OG』となり『Dota 2』公式世界大会を2018年・2019年と2連覇することになります。

↑2015年当時のツイート

チーム名・ロゴが当時と同じことや、チームスポンサー『Red Bull』主催の『Red Bull Home Ground』という関連性から、「Monkey Business」というVALORANTチームが『OG』VALORANT部門になるのではないかという期待が寄せられていましたが、ついに正式発表となりました。

Sébastien “Ceb” Debs氏・Johan “N0tail” Sundstein氏のコメント(OG共同オーナー・創設者)

VALORANTというゲームについては多くのことを耳にしており、このゲームの背後にあるアイデアや、すでに構築されているエコシステムが本気である事に魅了されています。

自分が好きで信じるロスターに関わる機会があった時、それを掴み取らなければならない時があります。CS:GOの時もそうでした。スター達がそろって、本当におもしろいことに取り組む機会があるのです。

Julien “daemoN” Ducros氏のコメント (コーチ兼マネージャー)

OGのような伝説的組織に加入することが出来たのは、たいへんに光栄なことです。OGの価値観やビジョンは、私たちがチームのロードマップを作り上げる際に大いに参考にさせていただいていました。

メンバーには、CEOのJMR Luna氏と知り合いだったものもいます。彼の揺るぎない信頼がなければ、私たちがOGのVALORANT部門となることはなかったでしょう。感謝の気持ちに加えて、この2021年シーズンに歴史を作り上げ、自分達がOGの一員であることを証明したいと思います。

OG VALORANT部門

  • France Dylan “aKm” Bignet (ex-Dallas Fuel ※Overwatch League)
  • Serbia Dragan “elllement” Milanović (CS:GO出身)
  • France Théo “OniBy” Tarlier (Overwatch出身)
  • Sweden Kevin “TviQ” Lindström (ex-Florida Mayhem ※Overwatch League)
  • France Benjamin “uNKOE” Chevasson (ex-Los Angeles Valiant ※Overwatch League)
  • France Julien “daemoN” Ducros (Coach)

Dota 2部門のメンバーもVALORANTをプレー

世界大会2連覇のメンバー達もVALORANTをプレーしています。

Carryのana選手は最上位ランク「レディアント」に到達する腕前。
攻撃的なロールを担当だけに、メインで使っているのはデュエリストのようです。

現役を引退したJerAx氏は、なんとペンタブで器用にプレーしています。

関連記事

「Dota 2」2018年世界王者『OG』の結成、分裂、世界大会優勝の舞台裏を明かすドキュメンタリームービー『Against the Odds』が日本語字幕付きで公開

Dota 2世界最強チーム『OG』が「CS:GO」に進出、NBK-、valde、Aleksib、ISSAA、mantuuと契約

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!