eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GOの競技向けプラットフォーム『5E Arena International』で日本サーバーの提供開始、クライアントの日本語対応や日本コミュニテイとの連携展開も予定

現在ベータテストが行なわれているCS:GOの競技向けプラットフォーム『5E Arena International』で、日本サーバーの提供が開始されました。

5E Arena International

『5E Arena International』は、中国『5E Play』のアジア版サービスです。

独自アンチチート機能が付いた128-tick対応の快適なサーバーでプレーが可能となるほか、賞金やゲーム内アイテムが手に入る大会を定期的に開催予定とのこと。
こちらのゲームサーバーに日本向けのものが登場し、低いレイテンシーでCS:GOを楽しむことが出来るようになりました。

基本は英語表示となっていますが、いわゆる中の人によるとクライアントの日本語対応も予定しているとのこと。さらに、5E Arenaは日本のCS:GOコミュニティをサポートしたいと考えており、日本のパートナー達と協力した展開を行なっていくそうで、Discordでの意見やフィードバックを歓迎しているとのことでした。

特徴

  • 中国『5E Play』のアジア版サービス
  • 賞金やスキンが手に入る「ソロ」「チーム」のラダーマッチメイキング。クローズドベータ中に10試合すると報酬としてスキンをプレゼント。
  • 公平で競技環境向けの5E Anti-cheat機能
  • 128-tick対応のゲームサーバー(日本・シンガポール・香港に設置)
  • 賞品付きの週間・月間トーナメント開催
  • CS:GOの設定を簡単に最適化可能なゲーム内ツール
  • 各国の言語をサポート予定。日本語は近々登場。
  • 公式Discordに日本ゲーマー向けのチャンネル設置
  • Discord:https://discord.gg/xbNe2Rvgu7
  • ダウンロード:https://www.5earena.com/download

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!