eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

QTnetがeスポーツスタジアムを福岡・天神ロフトビル内に2021年夏 開設、プロeスポーツチーム『Sengoku Gaming』のホームスタジアムに

株式会社QTnetが、福岡・天神ロフトビル内にeスポーツスタジアムを開設すると発表しました。

天神ロフトビル内に2021年夏、eスポーツスタジアムが登場

今回発表されたeスポーツスタジアムついての概要は下記のようになります。

概要

  • 株式会社QTnetは、九州電力株式会社グループの通信事業者
  • プロeスポーツチーム Japan Sengoku Gamingの運営会社をグループ企業に持つ
  • 2021年夏、福岡・天神ロフトビル8Fにeスポーツスタジアムを開設
  • Japan Sengoku Gamingのホームスタジアムとしても機能する
  • 正式名称は5月上旬発表

「天神ロフトビル」公式サイトのフロアガイドを見てみたところ、8Fは現在すべて空きとなっていました。こちらを全て使った形でeスポーツスタジアムが開設されるということになりそうです。

https://www.tenjin-loftbldg.com/floor_guide.html

特徴

①西日本エリア最大級の床面積
エリア最大級 610 ㎡の床面積

②超高速・大容量のインターネット回線
BBIQ 回線、10Gbps の専用回線を複数導入。通信事業者の強みを最大限生かし、超高速・大容量のインターネット回線でeスポーツを楽しみ、プロ選手を目指すことができる環境を整える。

③プロ仕様のプレイ環境
プロ選手が使用するハイスペックなパソコンやデバイス等、eスポーツに最適なプレイ環境を完備。

④本格的な配信環境
本格的な配信機材を備え、eスポーツだけに留まらず、様々なイベント、PR としての動画配信が可能。

⑤プロeスポーツチーム Sengoku Gaming のホームスタジアム
eスポーツの各種タイトルを楽しむだけでなく、プロ選手の生の試合を目の前で見ることができる大会や交流イベント等を定期的に開催。

⑥安心・安全なプレイ環境
来場者およびスタッフの健康と安心・安全を最優先とし、施設内換気の強化や定期的な消毒作業など、新型コロナウイルス感染症拡大防止のさまざまな対策を実施

リリースには、九州のeスポーツファンが集うeスポーツの聖地を目指すとの記載がありました。

「eスポーツの聖地」を目指しているプロジェクトを下記でまとめていますので合わせてご覧ください。

関連記事

プロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」を九州電力グループの通信会社「QTnet」が買収・子会社化

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!