eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロeスポーツチーム『SCARZ』がリブランディング、チームロゴを変更、チームカラーをレッド&ブラック、ホームタウンを川崎に設定

プロeスポーツチーム『SCARZ』がリブランディングの実施を発表しました。

『SCARZ』がチームロゴを変更

『SCARZ』は、新たなeスポーツの時代に向けた変革の第一歩としてチームロゴの変更を実施。合わせてチームカラーやチームスローガンが設定され、チーム公式サイトもリニューアルとなりました。

チームロゴ

  • グラフィティと書道を彷彿とさせるようなイメージを用いて和と洋の雰囲気を導入

チームカラー

  • レッド&ブラック

チームスローガン

  • KEEP IT REAL(本物で在り続けろ)

旧チームロゴはメタリックな雰囲気を持つ4色構成のデザインでしたが、新ロゴは和の雰囲気を取り入れカラーリングもシンプルとなっています。

旧ロゴ

プロチームのロゴ変更やリブランディングは近年多く見られており、ロゴにより意味を持たせることによるブランディングの強化、SNS等の小さなアイコンでも認知されやすいよう視認性を高めるような意図が含まれています。

さらに、チームのホームタウンを神奈川県川崎市とし、教育・介護の分野においてeスポーツの観点から地域に密着した協力をしながら活動していくとのことです。

友利 洋一氏のコメント(SCARZ代表)

この度SCARZは、神奈川県川崎市をホームタウンとして制定することを発表致します。
まずは、この度の発表にご協力していただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

esportsはまだ新しい部類の競技となる部分がございますが、チームから楽しさを伝えていくと共に、電子空間ならではの誰もが楽しく、公平に競える新たなシーンはあらゆる人のライフスタイルを豊かにすると信じています。

生活におけるエンターテイメントとしてゲームは生活の一部となってきているからこそ、ゲームとの付き合い方だったり、esportsを活用した新たなる取り組みが大事だと感じています。

まずは、チームとして一歩一歩できることを行っていき、地域の皆様と協力して新たなる形を広げて参りたいと考えています。
教育面、生活面の両方からesportsだから出来る可能性を追求します。

チームとしては今までと変わらず、世界で戦えるチーム作りを川崎から行っていきます。
川崎市を拠点の中心として、esportsの魅力をより多くの方々に広めていく活動を行ってまいります。

皆様に親しみを持たれるよう、そしてesportsをより多くの方々に浸透できるよう今後ともSCARZ一同邁進して参ります。

関連記事

eスポーツチーム『Dignitas』がチームロゴを変更、チーム設立当時のオリジナルロゴを現代風にアレンジ

eスポーツチーム『Ninjas in Pyjamas』がブランドを刷新、東京の光をインスパイアする蛍光色、「忍」の漢字をロゴに採用

有名eスポーツチームが続々とチームロゴをリニューアル、狙いはブランディング強化

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!