eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Dota 2』2年連続世界大会優勝チーム『OG』が『BMW』とパートナーシップ契約、記念マンガ企画「Heroes of Rivalry」を展開

2018年・2019年の『Dota 2』公式世界大会で優勝した『OG』が、『BMW』とのパートナーシップ契約締結を発表しました。

『OG』が『BMW』とパートナーシップ契約

『BMW』は、2020年に『League of Legends』で世界トップクラスの活躍を見せる『Cloud9』『Fnatic』『Funplus Phoenix』『G2 Esports』『T1』と、「United in Rivalry」というコンセプトの元でパートナーシップ契約を締結。

関連記事

『BMW』が5つのプロゲーミングチーム『Cloud9』『Fnatic』『Funplus Phoenix』『G2 Esports』『T1』とパートナーシップ契約を締結

そして2021年、6番目のパートナーチームとしてDota 2世界王者の『OG』が加わり、さらにその展開を拡大することになりました。

マンガ「Heroes of Rivalry」キャンペーンを実施、アートワークは日本のAcky Bright氏が担当

『OG』が加わることに合わせて、BMWはマンガ「Heroes of Rivalry」キャンペーンを展開。
『BMW』のパートナー6チームがファンタジー世界で活躍するマンガを8エピソード公開予定。

ストーリーとコンセプトはドイツの広告代理店「Jung von Mat」、アートワークを日本の Acky Bright氏が担当した作品となります。

「Heroes of Rivalry」特設サイト

Stefan Ponikva氏のコメント (Vice President Brand Experience BMW)

OG Esportsは「United in Rivalry」にさらなる加速を与えます。

BMWはLeague of LegendsだけでなくDota 2にも関わるようになり、その絶対的なトップチームと共にする事になりました。
これは、eスポーツのポップカルチャーにより深く入り込み、特定の言語・リファレンス・シンボルを使ってこのユニークなシーンへの関与を拡大していくことを実現するステップとなります。

JMR Luna氏のコメント (CEO of OG esports)

私は壁にBMWバイクのポスターを貼って育ちました。何年もして、BMWと一緒に仕事が出来るという夢が叶いました。

BWMはすばらしいブランド・企業であり、世界最大のeスポーツ組織5つとて提携してeスポーツシーンに参入しました。そして、この権威あるグループの一員となれたことを光栄に思っています。

OGを信じてサポートしてくれたファンの皆さんに改めて感謝します。OGとBMWは、これからもみなさんに信じられないような瞬間をお届けしていきます。

関連記事

『BMW』が5つのプロゲーミングチーム『Cloud9』『Fnatic』『Funplus Phoenix』『G2 Esports』『T1』とパートナーシップ契約を締結

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!