eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ZETA DIVISION』や中国が『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選の出場を辞退、出場枠の割り当て変更で日本から3チームが出場へ

『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選の出場辞退および出場枠の割り当て変更が発表されました

APACラストチャンス予選の出場チームおよび出場枠の割り当て変更

今回の変更が行なわれたのは、出場予定チームの辞退があったためです。

辞退理由

  • Japan ZETA DIVISION:2022年シーズンに向けた体制づくりにフォーカスするため出場を辞退
  • China 中国チーム:競技の公平性に影響を与える可能性のあるネットワーク上の問題があることを理由に出場を見合わせ

この度、トーナメントにおける競技の公平性に影響を与える可能性のあるネットワーク上の問題があるという理由から、中国の複数チームの参加が見送られることとなりました。また合わせて日本のZETA DIVISIONの出場辞退を受け、各地域からのVCT APAC LCQ 2021参加チーム数に変更を行うこととなりました。

中国が辞退したことにより空いた2つの出場枠は、日本と韓国に付与されました。

出場チーム数

  • 東南アジア:3 (変更なし)
  • 韓国:2 → 3
  • 日本:2 → 3
  • 南アジア:1 (変更なし)
  • 中国:2 → 0

ZETA DIVISION は出場辞退し2022年シーズンにむけた強化・再編成ヘ

これについては公式発表を見ていただくのが一番正確ですので、引用にしては少し長いですが下記よりごらんください。

辞退の理由を経緯を含めてご説明させて頂きます。

ZETA DIVISION VALORANT部門は、VCT開催前の国内公式・公認大会において好成績を重ねておりましたが、『VCT Stage1』そして『VCT Stage2』にて国内優勝ができておらず、国際大会への出場が出来ていない状況となっておりました。

結成当初よりZETA DIVISION VALORANT部門では「世界で戦えるチーム」という目標で戦って参りましたが、前述の状況を鑑み、チームの強化・再編成が必要ではないかという声がチーム内より挙がっておりました。
そのため、『VCT Stage3』の結果次第では「世界で戦えるチーム」になるべく、チームの再編成を行うことを『VCT Stage2』終了時点で選手・コーチ・運営陣含めた総意として決定しました。

『VCT Stage3』では国内王座への返り咲きを果たしたものの、『VCT Stage3 Masters Berlin』では私達の予想よりも厳しい結果となりました。
この結果を受け、チームの強化・再編成を行わないまま『APAC LCQ』へ出場するよりも、その時間を2022シーズンに向けた体制づくりに用いることが最良と判断しました。
そのため、予てより検討していたチームの再構築を行うことを選手・コーチ・運営陣含め決定し、2022シーズン開幕までの時間を、今後も長期的にVALORANTシーンで活躍していくための準備期間に充てる事と致しました。

『APAC LCQ』を楽しみにして頂いておりましたファンの皆様並びにRiot Games様をはじめとする関係者の方々には多大なるご迷惑をおかけし申し訳ございません。
2022シーズンにはより強く生まれ変わり、世界へ大きく羽ばたくZETA DIVISIONを皆様にお見せ出来るように全力で取り組んで参ります。

この流れですと、CS:GOから複数年に渡って共にプレーしてきたメンバーが変更となる可能性もあります。

APACラストチャンス予選 日本出場予定チーム

日本からどのチームがラストチャンス予選に出場するかは、現在のところ正式にはアナウンスされていません。

今シーズンのツアー獲得ポイントにおける国内順位は下記のとおりで、いまのところ下記3チームにラストチャンス予選出場の権利がある状態となっています。さらに辞退があれば、権利は繰り下がっていくことになります。

順位チームポイント権利
1位Japan Crazy Raccoon475Champions出場
2位Japan ZETA DIVISION305辞退
3位Japan REJECT140ラストチャンス予選出場権あり
4位Japan Northeption90ラストチャンス予選出場権あり
5位Japan FENNEL80ラストチャンス予選出場権あり
6位Japan Feeling45
6位Japan Insomnia45
8位Japan BlackBird Ignis40
8位Japan LAG Gaming40

関連記事

『REJECT』はラストチャンス予選から『VALORANT』世界大会に出場出来るのか、オーナー甲山翔也氏にチームの取り組みや高額な選手報酬についてインタビュー

日本から「ZETA DIVISION」「REJECT」出場、『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選が2021年10月11日(月)~17日(日)に開催

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!