eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Liquipedia』が人気eスポーツタイトルごとの2021年トップ20アクセス プレーヤーを発表

様々なeスポーツタイトルの情報を集約するwiki『Liquipedia』が、2021年のアクセスをもとにしたトップ20選手を発表しました。

Counter-Strike: Global Offensive

メジャータイトル制覇、MVP 7個獲得など異次元の強さを誇るs1mple選手が1位。
AstralisからNinjas in Pyjamasに移籍し大活躍を見せたdev1ce選手が2位となっています。

レジェンドpashaBiceps選手が現役ではないにも関わらず20位にランクインしています。

Dota 2

Dota 2の1位は世界大会チャンピオンの最年少記録を持つ「キング」SumaiL選手。
2021年はOG加入、2022年はTeam Secretでプレーとなります。

2位は2021年世界王者となったTeam SpiritのTORONTOTOKYO選手でした。

VALORANT

VALORANTの1位は大人気のTenZ選手。
brax選手、sinatraa選手など配信で人気のプレーヤーが上位に入っています。
VALORANT Champions優勝AcendのcNed選手、準優勝Gambit EsportsのnAts選手は思ったよりも低い印象でした。

League of Legends

League of Legends 1位はレジェンドFaker選手。
久々のWorlds出場で、PVの「The King is Back」に痺れました。

20名中8名が韓国のプレーヤーとなっていました。

PUBG

Overwatch

7位に日本のta1yo選手がランクインしています。
引退したsinatraa選手は、Overwatchの方でも3位に入っていました。

Rainbow Six Siege

Apex Legends

Rocket League

スマブラ

19位にレッドブルアスリートのaMSa選手が入っています。

League of Legends Wild Rift

https://twitter.com/LiquipediaWR/status/1478063621095763971478063621095763971

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ