eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

「draken」が『VALORANT』から『CS:GO』に再移行、21ヶ月ぶりの復帰

「Guild Esports」のVALORANT部門でプレーしていたSweden William “draken” Sundin 選手がCS:GOチーム「Savage」に加入しました。

「draken」が『VALORANT』から『CS:GO』に復帰

  • 2020年にCS:GOからVALORANTへ移行、主に「Guild Esports」でプレー
  • 2021年11月に「Guild Esports」脱退
  • 2022年1月「Savage」に加入しCS:GO競技シーンに復帰

Savage

  • Sweden Simon “twist” Eliasson
  • Sweden Niclas “PlesseN” Plessen
  • Sweden Adam “dezon” Wahlqvist
  • Sweden Denis “grux” Gutaj
  • Sweden William “draken” Sundin

関連ツイート

CS:GOからの移行時には、これからはVALORANTというようなツイートをしていたのがすごく印象に残っています。

「VALORANTはCS:GOよりも大きくなると思う。
多くの賞金に視聴者。言ってしまった。
Riot > Valve (Dota 2を除く)」

これでCS:GOに戻るというのもすごいなと個人的に思ったのですが、本人は特に気にもしていないようでした。

「CS:GOを離れて21ヶ月、改めて正式にプレーするのはクールだと思う。あと、全てのアンチにfuck off(消え失せろ)と言いたいね」

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!