eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2022-01-17)、UIやコントローラー関連の修正、LinuxのVulkanサポートテストなど

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 1/17/2022

GENERAL

  • Steamにログインしていない時の起動時にHammer Editorがクラッシュするのを修正した
  • 放射状メニューを閉じた後に入力が遅延するのを修正した

STEAM INPUT

  • 「FlickStick」モードは「Options → Controller」から利用出来るようになった(以前は「SteamInput Configurator」から)。「Right Stick」(もしくは好きな照準スティック)を「Joystick Camera」にバインドする。
  • ウィンドウに再度フォーカスする時に「SteamInput ActionSet」が「MenuControls」にセットされてしまうのを修正した
  • FlickStickの挙動を改善した

UI

  • コンソール コントローラー設定をツールチップでわかりやすくした
  • スライダーに関する様々な修正を実施

LINUX

  • Vulkan(3DグラフィックスAPI)の実験的なサポートを開始。コマンドラインに「-vulkan」を追加することで有効にすることが出来る。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!