eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界王者・ロシア「Team Spirit」がチーム拠点をセルビアに移転

2021年にDota 2世界大会を制したことで知られるロシアのeスポーツチーム「Team Spirit」がチーム拠点をセルビアに移転すると発表しました。

これは、現在のロシア・ウクライナ状況に合わせた判断となります。

Team Spiritの発表

Team Spiritは、セルビア・ベオグラードにオフィスを開設します。

現状、モスクワでインフラを拡張する計画は断念し、チームと従業員をベオグラードに移すことに集中せざるを得ない状況となりました。

いつでもアクセスしやすいというのはesportsのユニークな特徴です。どこに住んでいても、何をしていても、何を信じていても、esportsの扉は常に開かれています。しかし、全てが変わろうとしています。その1つが、多くの選手やチーム関係者が集まるロシアとウクライナの状況です。現状をふまえると、ロシアから移転する決断は現実的そして論理的にも唯一の正しい選択と思えます。

esportsに国境はありませんでしたし、地図上の位置にとらわれることもありませんでした。Team Spiritは長年に渡り世界中のコミュニティと密接な関係を築いてきました。これからも、その関係性はより強固なものとなっていくと信じています。どこに住んでいても、どんな言語を話していようとも、ステイ #SPIRITED でよろしくお願い致します。

関連記事

Dota 2公式世界大会『The International 10』で「Team Spirit」が優勝、賞金約20億円を獲得、ダークホースのロシア新世代チーム

ロシア・プーチン大統領、Dota 2世界大会『The International 2021』王者「Team Spirit」に祝福のメッセージ

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!