eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

タクティカルFPSシーンを20年見てきて衝撃を受けたファン層の変化、日本初の大型VALORANTオフラインイベント『RAGE VALORANT 2022 Spring』に1万人以上が集結

IMG05312

日本初の大型VALORANTオフラインイベント『RAGE VALORANT 2022 Spring』に参加して感じた、タクティカルFPSシーンファン層の変化について紹介します。

日本初の大型VALORANTオフラインイベント

『RAGE VALORANT 2022 Spring』は、2022年5月7日(土)、8日(日)に東京・有明の東京ガーデンシアターで開催されました。

参加は有料チケット制で即完売となる人気で、チケットを手にすることが出来たのべ1万人以上が会場を訪れました。
※追記:eスポーツイベント「RAGE VALORANT 2022 Spring」国内eスポーツ史上最高総動員数を記録!2日間で1.3万人超が熱狂!!|RAGEのプレスリリース

1日あたりの来場数は約6000人近くとなる計算で、この規模の来場者が集まった有料のFPSイベントは過去に事例がありません。日本FPSの歴史に残るイベントと言って間違いないでしょう。

今回のイベントで何よりも衝撃を受けたのが、会場を訪れたファン層の変化です。

IMG05101
1000人近くが並んでいたという入場待ちの様子。入り口は右建物の反対側。歩きスマホではなく、列が動くのを待っている状態です。

タクティカルFPSにおけるファン層の変化

いまの時代に性別に関わることを書くのは少し怖い部分もあるのですが、「ファン層の変化」は、イベント会場を訪れるお客さんの男女比率が大きく変化していることから感じました。

『VALORANT』の開発に大きな影響を与えたタクティカルFPSに『Counter-Strike』というゲームがあります。2000年頃にリリースされたタイトルで、2000年代前半頃までの『Counter-Strike』大会・イベント来場者というのは、体感的に99%くらいが男性でした。

2000年代後半になると『サドンアタック』などの無料オンラインFPSが台頭してきます。
プレーは無料、低スペックのパソコンでも楽しめることから間口が広くなり、FPSのプレー人口が劇的に増加しました。それに伴い、大会等に女性ファンの来場者が目立つようになり、大変驚いたことを覚えています。

2012年に『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』がリリースされ、こちらでもオフライン大会が開催されてきました。しかし、このタイトルのイベントにおける女性ファンの来場数というのは、無料オンラインFPS全盛の頃に比べると少なくなっている印象がありました。

『CS:GO』は海外製のゲームで、日本にサービス運営会社がなく、当時はSteamでの有料販売展開ということも大きく影響していたと思います(2018年に無料化)。

今回の『RAGE VALORANT 2022 Spring』は女性の来場者が非常に多い印象で、詳細なデータはありませんが感覚的に3~4割くらいは女性の来場者だったのではないでしょうか。

イベント内では来場者の中から選ばれた方が、ストリーマーやプロ選手と一緒にステージ上で『VALORANT』をプレーすることが出来る企画が行なわれました。

こちらはランク「ゴールドまで」「プラチナ以上」という条件で分類されていましたが、女性プレーヤーの方が出場し活躍しており、『VALORANT』を日常的にプレーすることを楽しんでいる方も多くいることにも驚かされました。

DSC04434

DSC04468

2022年夏には、『VALORANT GAME CHANGERS』というグローバル展開されている女性向け大会が日本でも実施されます。これにより、『VALORANT』を楽しむ女性のプレーヤーやファンはさらに増加していくのではないでしょうか。

FPSというと男性向けなゲームという印象がありますが、『VALORANT』はそのようなイメージを打ち破るタイトルとなる可能性を秘めています。

また、これまでに行なわれてきたオフラインイベントのというのは基本的には無料でした。しかし、今回は「アリーナ6,500円」「バルコニー席3,500円&4,500円」という有料制で、それでも会場に行ってみたいと思うような人たちが1万人近くいるような状況となっていることも触れておきたい点です。

なぜVALORANTはこれほどの人気を獲得しているのか

『VALORANT』は、2022年4月末の段階でアクティブプレイヤー数1500万人、日本における大会配信の同時接続数は41万人を超えるほどの人気となっています。そして、オフラインイベントは有料にもかかわらず1万人近くがチケットを購入し会場に訪れています。

『VALORANT』がこれほどの人気を獲得しているのはなぜなのかというのが、非常に気になる所です。

この本当の答えというのはRiot Games社にお聞きしないとわかりませんが、考えられる要素をいくつか挙げてみます。

IMG04607

人気ストリーマーによる大会のミラー配信は間違いなく配信視聴数をブーストしています。ストリーマーが実施するウォッチパーティーは、大会公式チャンネルの倍以上となる配信数を記録しています。

インフルエンサーを招待して行なわれる大会も多く実施されており、こういったものがタイトルを知らなかったような新規層を開拓していると考えられます。

また、サンプル数は非常に少ないのですが『RAGE VALORANT 2022 Spring』に来場されていた女性来場者の方に『VALORANT』を知るきっかけについて質問をさせていただきました。

元々はVTuberのファンで界隈の様々な配信や動画を見ているうちにVALORANTにたどり着いたという方、YouTubeで好きな動画チャンネルを視聴していたところ関連動画に出てきて知ったという方がいたりと、ゲームとは直接関係の無いところが入り口になるというのは非常に面白い点でした。

DSC03121

VALORANTは、コアなFPSファン以外がリーチする可能性のある場所での展開が功を奏し、カジュアルな層においてもタイトルに興味を持つ人が増えているという状況かと思います。

最近では、有名声優の方々がVALORANTに言及されています。今回の『RAGE VALORANT 2022 Spring』に訪れた様子がSNSに投稿されていたりもしました。

こういった様々な要因から『VALORANT』を知った人たち、自らもSNSで発信することでタイムラインで話題が形成され、気になった人がさらに加わってくるというようなサイクルが、人気を作り上げている要因の1つになっているのではないと思います。

今回の記事を通じて『VALORANT』というゲームに興味を持った方は無料でプレー出来ますので、まず是非トライしてみて下さい。プレーせずとも、大会や配信などを見るだけも楽しむことが出来ます。

より興味を持つようになった方は、2022年秋に開催される次回の『RAGE VALORANT』に足を運んでみることを検討してみてください。より『VALORANT』の世界を楽しむことが出来ること間違いなしです。

IMG04362

関連

写真(Day1)
https://www.flickr.com/photos/145661789@N02/albums/72177720298717915

写真(Day2)
https://www.flickr.com/photos/145661789@N02/albums/72177720298742847

写真と動画で振り返るオフラインイベント『RAGE VALORANT 2022 Spring』Day1

写真と動画で振り返るオフラインイベント『RAGE VALORANT 2022 Spring』Day2

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!