eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

「Ceb」が選手、「N0tail」がコーチに、『OG』がDota 2メジャー大会『ESL One Stockholm 2022』出場選手のビザ問題による暫定体制を発表

『OG』が、スウェーデンで開催されるDota 2メジャー大会『ESL One Stockholm 2022』に向けた新チーム体制を発表しました。

ロシア国籍メンバーが入国できず

『OG』が体制を変更した理由は、ロシア国籍であるキャプテン「Misha」選手と「Chuvash」コーチのスウェーデン入国が認められなかったためです。

そのため、Dota 2公式世界大会を2年連続制覇した「N0tail」氏がコーチ、「Ceb」氏が選手として出場することになりました。

大会は、明日5月12日(木)より開幕となります。

参考

『OG』キャプテン「N0tail」が2021-2022年シーズンの競技シーン出場を見合わせ、新Dota 2チームの指導者や配信活動を実施

『OG』Dota 2部門の「Ceb」が引退、2018・2019年に世界大会を連覇

OGの発表

OG Dota 2部門の歴史において奇妙な日となります。
現在の状況において #DreamOG を継続するには、ベテランと新人たちが力を合わせていく必要があります。

残念な事に、キャプテン「Misha」とコーチ「Chuvash」のビザがおりませんでした。両者は『ESL One Stockholm 2022』に参加する事が出来ません。

しかし、OGファミリーはいつでも一緒です。今回、チームとして初めて、OGを作り上げた父たちが若き天才たちとチームの看板を背負います。

『ESL One Stockholm 2022』のロスターは以下の通りです。

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!