eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『OG』キャプテン「N0tail」が2021-2022年シーズンの競技シーン出場を見合わせ、新Dota 2チームの指導者や配信活動を実施

『OG』Dota 2部門のキャプテン Denmark Johan “N0tail” Sundstein選手が、休養入りすることを発表しました。

「N0tail」が2022年シーズンの競技シーン出場を見合わせ

  • 健康的な理由から休息を決断。期間は少なくとも1年
  • 今後は、新Dota 2チームの指導者や配信を中心に活動
  • 『OG』は新体制で『Dota Pro Circuit 2021-2022』に出場予定 (全メンバー入れ替え)、メンバーは近日発表予定
  • これで世界大会2連覇を達成したメンバー全員が休養・引退状態に

Johan “N0tail” Sundstein選手のコメント

健康的な理由で少なくとも1年の休養を取ることにしました。わかっているのは、いまは休息が必要だということです。とても満足してますし、幸せです。この2年間、チームメイトたちと一緒にプレー出来たのは幸運で、充実していました。しかしながら、いまは休息が必要です。

(今後の活動について)

ベテランが新人と一緒になって取り組み、成長していくことが重要だと思っています。この数年間で多くのことを学びました。Dota 2については、良いチームメイトになるには、プロ選手になるにはどうしたらよいかなど、その知識を共有していく必要があります。

新生OGが、これまでのコピーバージョンになることは望んでいません。自分達が知っていることを伝えて取り込んでもらう事が出来れば、目標にいち早く到達することを手助けできると思っています。自分達がしてきた失敗を伝えたいですね 🙂

JMR Luna氏のコメント (OG, CEO)

JohanはOGを導く光です。光の源であることで、Johan自身はとても消耗しています。常に誰かのために存在していて、導いてくれます。

しかし、この1年間はJohanがいかに疲労しきっているかを知ることになりました。あなたもそれを感じることが出来たでしょう。

Johanには休息が必要です。Johanに代わるものは存在しません。全ての仕事、プロジェクト、そして周りの人たちに対して、Johan以上のことができる者はいないからです。しかし、いまは休養を必要としています。私たちが、愛とサポートでJohanを支えていきます。

関連記事

『OG』Dota 2部門から「SumaiL」「Saksa」が脱退、2022年シーズンに向けた新体制を近日発表

『OG』Dota 2部門の「Ceb」が引退、2018・2019年に世界大会を連覇

『OG』Dota 2部門の「Topson」が2022年の競技活動を休止、家族との時間を優先しながら配信活動を予定

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!