eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『100 Thieves』が独自ゲームを開発中と発表、コードネームは「Project X」

ライフスタイルブランド・eスポーツ組織の『100 Thieves』が、独自ゲーム「Project X」(コードネーム)を開発中であると発表しました。

Nadeshot氏からのメッセージ

Halo 2をプレーしていた時の感覚は決して忘れられません。学校や仕事から戻ってくるとランクマッチの夜に飛び込んでいました。

名前の横に表示される新たなアイコンを見て自分が最高の一人である事を知るために、何時間もプレーしてレベルアップしてきました。

Call of Duty、ポケモン、Starcraftといったゲームをプレーして競争を楽しんだり、友達とプレーていた頃のことをいまでも鮮明に思い出すことが出来ます。最近、このようなゲームについて色々と考えています。

友人たちと笑いながらゲームをプレーした時間は、トロフィーを獲得するのと同じくらい意味があります。この時間について忘れることは決してないでしょう。
振り返ってみると、ゲームに夢中になり、人生をかけた仕事にしたいと思うようになったのはゲームの魔法によるものです。

本日は重大発表があります。2017年に『100 Thieves』を結成してから最大の発表となります。

『100 Thieves』はeスポーツにおけるチャンピオンチームであり、素晴らしいコンテンツを作り、最高のアパレルを提供しています。チームがここまで来たことを誇りに思っており、さらにより良いものにしていきたいと考えています。

自身のキャリアを振り返ってみると、eスポーツプレーヤー、クリエイター、起業家へと転身し、数年ごとに大きな決断を下してきました。

私は新しいことを作り上げることが大好きで、次のチャレンジを見つけたと思っています。

『100 Thieves』は、ゲームを作ります。

開発コードネームは「Project X」

発表と合わせて、YouTubeにて動画が公開されました。

『100 Thieves』創設者でCEOのMatthew “Nadeshot” Haag氏とPresident・COOのJohn Robinson氏が登場し、「Project X」について説明しています。

主な内容

  • 2年くらい前から話をしている
  • 100Tのプロ選手、クリエイター、コミュニティとゲームを作っていく。これまでとは全く異なる手法。
  • ゲーム作りは本当に難しくチャレンジングなものだが、このやり方なら成功する可能性が高いと考えている。
  • 元EAのPete Hawley氏がChief Product Officerに就任
  • どのようなゲーム、ジャンルにするかはすでに決めている
  • ゲームの詳細については、SNS・動画・開発ブログなどで順次発表していく
  • 「Project X」に興味のある開発者も募集中

どのようなプラットフォームで展開され、eスポーツとしても楽しまれるようなものになるのかなど、非常に気になる所です。

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!