eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GOメジャー出場を逃した『Astralis』、チーム改革に着手

『Astralis』がCS:GO部門の改革に着手したことを発表しました

『Astralis』がチーム改革に着手

『Astralis』は、チーム創設以来メジャー大会に9連続出場、3連覇を含む4大会優勝の実績を持ちます。

しかしながら、2022年10月末からブラジルで開催されるメジャー大会『Intel Extreme Masters Rio Major 2022』については、ヨーロッパ予選を通過できず出場が叶いませんでした。

『Astralis』は再びメジャーに出場することを目指し、ヘッドコーチMartin “trace” Heldt氏の解任や組織強化などのチーム改革に関する取り組みを開始していることを明らかにしました。

Anders Hørsholt氏のコメント (Astralis, CEO)

私たちは、ここAstralisにてチームとビジネスのための強固な基盤を長年に渡り構築してきました。強力なビジネス基盤を作り上げた一方で、Counter-Strike部門の結果について、自分たちの期待に全く応えることが出来ていません。

今後数週間から数ヶ月の間に、Counter-Strikeチーム周りの近代化と強化に取り組んでいきます。スポーツディレクターが、現在と将来における新しい役割など、チームに必要とされるアップデートをすべて検討していきます。

メインチーム責任者の役割から外れたMartin “trace” Heldtの尽力に感謝します。Martinは多大な取り組みをしてくれましたが、メインロスターの可能性とスキルを最大限に引き出すことが出来なかったことについて認めざるをえません。メインチームが持つ課題を解決するには、他の資質が必要であるとの結論に至りました。

代わりに、タレントコーチのPeter Toftbo Ardenskjoldが次の期間におけるチームを引き継ぎます。Kasper Hvidtと経営陣が、新たな専門性を備える強化された組織作りに取り組んでいきます。

Astralisは、結果には満足していただけていないであろうファンのみなさんから絶大な支持と支援を受けています。私たちは、チームの明確な方向性についてこれまでファンのみなさんにお伝えできていませんでした。これからは、自分たち自身、パートナー、世界中のみなさんの期待に再び応えることが出来るよう努めていきます。

私たちは2018~2019年の成功により、信じられないほど高い目標を設定してきました。誰も当時のようなレベルでシーンを支配することは出来ないでしょう。それに関わらず、目の前にある課題に変わりはありません。私たちは、物事の進め方を明確にし、タイトルとトップを競い合うチームという立場を取り戻さなければなりません。

一朝一夕で実現出来ることではありませんが、取り組みはすでに始まっています。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ