eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Fnatic』がCS:GOアカデミーチームを休止、所属選手はフリーエージェントに

『Fnatic』がCS:GOアカデミーチーム『Fnatic Rising』の活動を休止すると発表しました。

『Fnatic』がCS:GOアカデミーチームを休止

『Fnatic Rising』は、2022年7~8月に開催された『WePlay Academy League Season 5』優勝という実績を持ちます。

これまで所属した選手の中には、メインチームの一員として試合に出場したりCopenhagen Flamesに加入したregali選手、『EYEBALLERS』に移籍したPeppzor選手などが存在しています。

『Fnatic』は各選手の卒業と契約終了に合わせて、アカデミーチームのプロジェクトを一旦休止することを決定しました。

『Fnatic』のノウハウや設備を用いて若き才能を育成するというプロジェクトの目標は、先のような実績で実現した形となります。

所属していたメンバーたちはフリーエージェントになりました。

ex-Fnatic Rising

  • Finland Matias “Banjo” Kivistö
  • Denmark Mikkel “Maze” Sparvath
  • United Kingdom Sebastian “volt” Malos
  • Sweden Adam “WolfY” Andersson

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ