eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:SとCZのネットワーク比較

Half-Life2 Falloutというサイトのフォーラムに
ValveのGabe NewllがCS:SとCZのデータを利用した
ネットワーク帯域の比較データを掲載しています。

実験は、実際に人間がプレーしたとき起こすトラフィックを
再現するように設定した16体のBotをde_dust(de_dust_cz)にいれて行ったとのこと。

GoldSrc : 2.72 kB/sec
Source : 2.85 kB/sec

GoldSrcとはCS:CZのこと。
Sourceには多数の物理演算処理が追加されたにもかかわらず、
CS:CZとほとんど変わらないトラフィックとなっています。
ちなみに、物理演算をオフにした計測では2.48 kB/secとなっており、
CS:Sourceはかなり処理が最適化されていることが伺えます。

さらに、パケットサイズの測定データのようなものも
表にまとめられて掲載されていました。
これはよくわからないので自分でデータを見て教えてください:]

ネットワーク的にはいまよりも快適になりそうなので、
問題はやはり物理演算による処理の負荷とか、
CPUやVGAなどハードに依存する処理がどのくらいになるかってことかなあ

情報元 : CS-Nation

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/