eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:SとCS1.6のモデル比較

CS-NationがCS:SourceとCS1.6のモデル比較を行なっています。

CS:Sourceは黒ベース、CS1.6は緑がベースになっているようですね。


左がCS:Source、右がCS1.6

BATさんの情報によると、CS:Sourceは『sv_showhitboxes』という
コマンドを使うことによってモデルのヒットボックスを表示できるようです。
スクリーンショットが三枚アップされていますが、かなりズレてますね。

米国の水曜日は日本だと14時前後で終わりですかね。
日本の水曜日までに出なかったので、
ウソを書いたことになってしまいましたのでお詫びします。

情報元 : CS-Nation

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ
コメント (0)
  1. hoxy より:

    ということは、日本では今日の午前11時に開放ということになりますかね。

  2. NO NAME より:

    おお、ついにッ!

  3. XrayN より:

    ずれすぎ。。。

  4. NO NAME より:

    HitboxがずれてるのはCS Sourceの問題じゃなくて、
    鯖の問題もあるのでは?
    STEAMのForumを見る限り、1.6より良いという意見が多いが・・・。

  5. myb より:

    AUGやSIG552のスコープにも何か映っている!
    AUGとAWPとSCOUTは同じ場所でとったSSみたいですが映っているものも同じですね

    SG550も赤茶けてますが同じ絵が映ってるような・・
    CZ持ってる人詳細教えてください|ミ

  6. より:

    スコープに写ってるのは目の前の景色。

  7. バナナ より:

    cs1.6でもshowhitboxキボーンって思った

  8. より:

    どうやら、スコープに写る景色は擬似キューブマップのようです。
    移動すると切り替わるのが見えます。