CPL、CALがMR15にルール変更

CPLとCALがルールをMaxRound12からMR15に変更したそうです。

  • MR12→MR15
  • ラウンドタイム 2:30→1:45
  • フリーズタイム 10秒→15秒

    また、延長の場合もルールが変更されています。

  • スタートマネー $800→$10,000
  • フリーズタイム 15秒→20秒

    単純にラウンド数に時間をかけてそれぞれの試合時間を比較してみました。

  • 旧ルール : (1ラウンド2分30秒[150秒] + フリーズタイム10秒)×24ラウンド = 64分00秒(3,840秒)
  • 新ルール : (1ラウンド1分45秒[105秒] + フリーズタイム15秒)×30ラウンド = 57分30秒(3,450秒)

    どうやら新ルールはスピーディな展開になりそう。試合時間も短縮されそうです。
    延長時のスタートマネーの増加設定などが面倒そうですが。

    この変更はCPL Winter 2004のルールに適用されています。

    情報元 : CS-Nation | CPL

  • コメント

    Avatar NO NAME

    延長時のスタートマネーですが
    Overtime Matches
    Increase start money from $800 to $10,000
    千ではなく、1万ではないでしょうか。

    Avatar NO NAME

    新ルール :
    (1ラウンド1分45秒[105秒] + 買物15秒)×30ラウンド = 57分30秒(3,450秒)
    とありますが、
    120秒×30=3600秒(60分)ではないですか?

    Avatar よっしーケータイ

    間違いは帰ったらなおします。明日になりますが。

    Avatar Tak

    いいルール変更だと思いますよ。やっぱり2分半は僕的にはちょっと意味なかったような気がしますし、見てるほうもやってるほうも楽しくなると思います。延長のマネーの増加も何年も提案されていたのでやっとって感じですね。Pistol Roundの負担がちょっと減りますね。

    Avatar NO NAME

    残り2対2ぐらいで落ちたC4がCTに監視された場合、回り込んで奪回なんてことできなくなるんじゃないかな。

    Avatar NO NAME

    お金変わるのは延長戦だけで
    普通のは800スタートぽ

    Avatar Jamesケータイ

    ↑↑の方が言うように、集中力の勝負やじっくりとした駆け引きが軽視されるのは残念。2:30×15でちょうどのように思います。
    TRの勝ち数だけをポイントとしてラウンドごとにTR/CTを交互にするとか。(それじゃあシステムの根幹を変えてしまうことになるか。

    Avatar Jamesケータイ

    ↑↑の方が言うように、集中力の勝負やじっくりとした駆け引きが軽視されるのは残念。2:30×15でちょうどのように思います。
    TRの勝ち数だけをポイントとしてラウンドごとにTR/CTを交互にするとか。(それじゃあシステムの根幹を変えてしまうことになるか。

    Avatar NO NAME

    軽視、といったらそうなるのかもしれないけど
    会場で観戦している3万5千人の観客のためには妥当かもしれない。

    Avatar Jamesケータイ

    ↑↑の方が言うように、集中力の勝負やじっくりとした駆け引きが軽視されるのは残念。2:30×15でちょうどのように思います。
    TRの勝ち数だけをポイントとしてラウンドごとにTR/CTを交互にするとか。(それじゃあシステムの根幹を変えてしまうことになるか。

    Avatar Jamesけーたい

    うわ…すごい重複になってしまいました、すいません。

    Avatar NO NAME

    間を取って2分7秒って考えたけど
    多分日本人らしい悪い癖なんだな。

    Avatar a I

    10秒から15秒に増えるのは
    買い物時間じゃなくてフリーズタイムです。

    Avatar @

    ラウンドタイム短すぎるね。
    2分がちょうどいいかも・・・。