eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CPL GUI3リリース

CPL GUI3がリリースされました。

  • CPL GUI3(zip版) [ミラー]
  • CPL GUI3(インストーラー版) [ミラー]

    自分で圧縮ファイルを解凍して所定のSteamフォルダに入れるzip版と、
    簡単に導入できるインストーラー付きバージョンが用意されています。

    自分で導入する場合は『~SteamSteamApps』フォルダに解凍してください。
    CPL GUI3からはcommandmenuからゲーム中にも設定が変えられるようになったようです。
    commandmenuを使うためのバインドは確か以下のようなカンジ。

    bind x “+commandmenu”

    以下は利用できる設定部分の内容。

    バインドしたキーを押すとVGUIメニューのようなものが出てくるので、
    そこをクリックすることで設定を変更できるようになります。

    項目

    • Weapon Hands(武器を持つ手)
      • Use Right Models(右手)
      • Use Left Models(左手)
    • Menu Type(メニュータイプ)
      • VGUI
      • Classic Text
    • Dynamic Crosshair(照準サイズの可変)
      • On
      • Off
    • Center ID(プレーヤーにidを表示する)
      • On
      • Off
    • Radar Type(レーダー)
      • Transparent(透明)
      • Solid(不透明)
    • Show FPS(FPS表示)
      • Show FPS(表示する)
      • Hide FPS Display(表示しない)
    • Auto Weapon Switch(自動武器変更)
      • On
      • Off
    • HUD Fastswitch(武器などの一発選択)
      • Disable HUD Fastswitch(オフ)
      • Enable HUD Fastswitch(オン)

    以下はクリック後に文字を打ち込んで変更。
    Change Crosshair Colorのみ押すたびに照準の色が変わる。

    • Zoom Sensitivity(ズームのChange Crosshair Color)
    • Change Crosshair Color(照準色の変更)
    • Change Name(プレーヤー名の変更)
    • Change Team(チームチェンジ)
    • Drop Weapon(武器を落とす)

    便利そうなので古いバージョンを使っている人は差し替えて
    新しく設定を変えてみるとよいかもしれません。
    日本予選に出る人は事前に導入チェックをしておくべきでしょう。

    情報元 : gotFrag

  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/