eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

HL2:Deathmatchリリースについて

Half-Life2:Deatchmatchのリリース後に発生したトラブルや
今後の予定などに関する情報がSteam Newsに掲載されています。

Notes on the Half-Life 2: Deathmatch release

昨晩の9:00PST頃にHalf-Life 2: Deathmatchがリリースされました。
今朝には同時に約12,000のHL2DMプレーヤーがいました。
プレーヤーたちはトイレやラジエーター、車などを
お互いにトスするのをかなり早く理解したように思われます。

昨晩のHL2DMのリリース後に、DirectX 7や推奨されたスペック以下のメモリで
Source Engineを起動する(HL2やCS:Sを含む)ことにより
ゲームクラッシュの影響をうけたユーザーがいました。

これは短い時間、HL2またはCS:Sを起動できなくなる問題を引き起こしましたが、
valveはPSTの深夜に問題を解決した修正をリリースしました。

valveはweapon re-spwanの振る舞いを改善するために、
小さなdedicated serverを早急にリリースする計画をたてています。

さらに、もしあなたがHammer(valveのレベル・エディター)の扱いに長けているならば、
HL2DMマップコンテストに必ずエントリしてください。

我々はみなさまがゲームを楽しむことを望んでいます。

リリース直後に頻繁に報告されたSource関連ゲームが
起動できないトラブルが改善されたとの発表ですね。

情報元 : steampowered.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar NO NAME says:

    例のSourceエンジン系ゲームが起動しない不具合は、
    搭載物理メモリが512MB以下でDX7モードで動作させていた
    ユーザーにのみ問題が起きたんだと言いたいのでしょうか。
    私の環境や他の掲示板における不具合報告の限りでは、
    とても当てはまっていないのですが…。

  2. Avatar NO NAME says:

    Steamクライアントの再起動でもだめでしょうか・・・