eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Weekly Steamニュース更新

Weekly Steamニュースが更新されています。
今回の内容は、Steamアカウントのフィッシングについての警告でした。

Friday, May 27 2005

我々は最近、他のユーザーからSteamアカウントを盗む(そしてSteamゲームにアクセスしている)、不謹慎な人々の数が増加しているのをみつけました。
これらの人々は、単純に正規ユーザーにログイン情報を尋ねることによって盗みを行なっています。
この手口は「Phishing(フィッシング)」として知られており、ほぼ全てのオンラインアカウントーベースのシステムで見かけます。
Steam職員を装ってのメールメッセージ、もしくは1つのアカウントを他の人に「trade」したがっているふりをすることによって、盗人はユーザー名とパスワードを明かすように人々を説得しています。

我々はあなたのアカウントが盗まれ腹立たしいことを知っています。
この問題をできる限り終わらせたいと思っています。
そのためにはみなさんの協力が必要です。
以下を心に留めておいてください。

あなたのSteamIDとパスワードは秘密情報です。
Valveはあなたに電話やメールでパスワードを聞くことは決してありません。
あなたのパスワードを求めるどんなメッセージにも応じないでください。
ここに、あなたのアカウントを守るためのより詳しい情報があります。

楽しくゲームをしましょう。


せっかくなので、リンク先の注意書きも簡単に訳しました。

  • パスワードはできるだけ長く(6文字以下にはしない)
  • 大文字小文字を混ぜてできる限り複雑にする
  • できれば数字を混ぜる
  • 自分の個人情報に関連するものを使わない
  • 辞書に載っているような言葉は使わない
  • パスワードにアカウント名を使わない
  • Steamの連絡用メールアドレスのパスワードにSteamのパスワードを使わない

フィッシングとはアングラですなあ。

情報元 : steampowerd.com
参考 : フィッシング(e-Words)

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    こんな所にもフィッシング詐欺・・・
    手に入れたIDを違反によってSteamを止められた人に売っているのかな?