eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Steamアップデート

Counter-StrikeとHL1エンジンがアップデートしています。

Counter-Strike and Half-Life 1: Engine Update Available

Counter-StrikeとHalf-Life 1: Engineのアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下のとおり。

Half-Life 1: Engine

  • サーバーはデフォルトでVAC2を使用してスタートアップするようになる
  • クライアントがカスタムリソース(スプレーロゴなど)に使用できる最大サイズを制限する”sv_uploadmax” Cvarを追加。
  • サーバーが使用するVAC2ポートを許可するためのコマンドラインオプション”-sport”を追加
  • サーバー上はクライアント上で”alias”コマンドの実行を許可しなくなった。
  • S2C_CONNREJECTパケットエラーが現在接続しているゲームサーバーから切断するのを引き起こしていたのを修正
  • Fixed infinite loop in richtext/textentry control caused by large sets of spaces between words wrapping around line ends (found by Kristian Hermansen)
  • ログインチケットのリフレッシュ時にロックされるのを修正
  • 古いスタイルのサーバークエリーを標準で不可にした

Counter-Strike

  • Fixed menu exploit on join that spawned you into the server but moved you around as you were in spectator mode

あやしいのは無難にそのままで掲載しておきました。
バグフィックスばかりですが、もう1.6は基本的に新しい変更などはないのでしょうか。

情報元 : steampowered.com

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. onmooD より:

    やっと安心してCSができるようになった。。。ちょう嬉しい