eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Red Orchestra』がアップデート

『Red Orchestra』がアップデートしています。

Red Orchestra update

Red Orchestraに対するアップデートがリリースされています。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は下記のとおり。

Red Orchestra

  • webadminとゲーム内のコンフィグメニューにFriendly Fire Punishmentオプションを追加。
  • webadminとゲーム内のコンフィグメニューにDeath Message Modeを追加
  • ゲーム内でプレーヤーのSteamidを見ることができる機能を追加。”ListPlayers”とコマンドを打つとリストを得ることができる。
  • webadminが反応していなかったり、サーバーブラウザ内にてサーバーのpingの反応が止まっている場合に”?”と表示されるバグを修正
  • 2つのマップが同時にメモリ内に読み込まれるときに引き起こされるメモリリークを修正
  • ボルトアクションライフルとセミオートマティックライフルに影響するリコイルバグを修正
  • TK banningが適切に動作していなかったバグを修正
  • Linuxサーバーの安定性を改善
  • モーションブラーとブラックアウトエフェクトの両方を利用できた(ということなのだろうか)問題を修正

Red Orchestra

情報元 : steampowered.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/