CPL/CAL 1vs1 Competition Committee設立

CPL
Cyberathlete Professional League(CPL)』『Cyberathlete Amateur League(CAL)』向けのCompetition Committeeが設立されたことがCPL公式サイトにて発表されていました。

Competition Committeeはそのまま訳すと競技委員会という意味になります。
この委員会のメンバーは、プロゲーマーやコミュニティを代表する人物などで構成されています。

委員会のメンバーは、ルールの改善、ガイドラインの作成、マップの選定といったゲームを競技的にする改善や、メディアがゲームの特集を積極的に行い、より競技性が高く楽しめるものにするため活動などを行っていくそうです。

CALは来年から1vs1ゲーム部門を拡張し、Quake3の1vs1などが新たに開始されるそうです。

Competition Committeeメンバー

Professional Players

  • United States Jared “Cha0ticz” Cugno (Check 6)
  • United States Mark “cl0ck” McGrail (Check 6)
  • Canada Jake “Mojo” Valianes (Team Excello)
  • Netherlands Ivo “Forever” Lindhout (tek9)
  • Sweden Karl “fooki” Johansson (SK Gaming)
  • South Africa Stephen “Ph4ntom” Cloete (Quadrant 6)
  • United States Rafik “Lost Cause” Bryant (EKE)
  • France Sander “vo0” Kaasjager (Fnatic)
  • United States Brian “dkt” Flander (Team zEx)
  • United States Jason “Socrates” Sylk (Complexity)
  • United Kingdom James “TooGoood” Harding (Fnatic)
  • France Michael “Winz” Bignet (Team aAa)
  • Sweden Magnus “Fox” Olsson (Free Player Organization)

Community Representatives

  • United States Jeremy “Mashlin” Silveira (head of CAL’s Quake divisions)
  • United Kingdom Sujoy “Sujoy” Roy (ESReality.com)
  • Netherlands Antilles Tyler “digismack” Morgan (mygameroom.com.)
  • Denmark Casper “Zeicon” Christophersen (mapper and player)
  • Australia Alex “noetix” Joyce (active community member)
  • South Africa Jonathan “Manic” Bourne (Quadrant6.com)
  • United States Simon “yrim” Feely (active community member)
  • United States Bobby “Weenus” Hicks (Gotfrag)

CPL 1vs1マップ

早速メンバーが、CPL Summer2006 Quake4 1vs1トーナメントで使用するマップを選定しています。

情報元 : ESR | CPL | CAL

コメント

Avatar ホギ

Fatal1tyやCoolerみたいな有名どころが入っていないところが気になる。