eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS NEOが6月8日(木)にアップデート実施予定

CS NEO
『Counter-Strike NEO(CS NEO)』が6月8日(木)にアップデートの実施を予定しているとの情報が公式サイトに掲載されていました。
今回のアップデートでの変更点は下記のようになります。
公式サイトからの転載です。

アップデート内容

傭兵戦サーバーのレーティング範囲を変更
傭兵戦のレーティング範囲を以下のとおり変更します。

【これまで】

  • 0000~1400
  • 1300~1600
  • 0000~9999

【アップデート後】

  • 0000~1500
  • 1400~1800
  • 1900~9999
  • 0000~9999

※今後もゲームバランス調整の為、サーバーのレーティング範囲は随時変更を検討いたします。

傭兵戦レベルマッチング機能の仕組みを変更

傭兵戦無制限サーバーに参加しているプレイヤーを対象に、フラグダウン数やサーバー参加者数を勘案して、マップチェンジのタイミングで自動的に対象プレイヤーをレベルにマッチしたサーバーに移動する機能を搭載します。
傭兵戦参加メニューで「レベルマッチングを行なう」チェックボックスをオフにした場合、この機能は作動しません。

管制センターMAPのバランス調整

NEOチームのスタート地点を変更、MAP構造の一部修正。

禁止ワードフィルターの導入

プレイヤーネーム、クラン名、部隊名、ゲーム中のチャットにおいて、弊社が設定した禁止ワード(好ましくない単語)等を含む文字を登録したり表示させようとした時に、表示を制限したり警告ウィンドウを表示する機能を追加します。

チェックボックスセーブ機能の導入

傭兵戦モードの「店舗間対戦に参加を希望する」などの各種チェックボックスのチェックの有無が、ログアウトされても保存されるよう変更します。

BOT(コンピューターキャラクター)がC4爆弾を持ったときの動きを調整

C4爆弾を持ったBOTが設置エリアに入った場合、積極的にC4設置行動を行なうようになります。

イベントマップを追加

  • フラグマップ 1
  • ショットガン コロセウム
  • スナイパー コロセウム
  • ランダムウェポン コロセウム
  • ラッシュアンドプッシュマップ
  • せり上がりキューブマップ

イベントマップは店舗スタッフによる操作で出現します。

カウンターストライクNEO公式サイトにて、プレイヤーステータスを閲覧できる機能を搭載

現在のレーティング値やフラグ数といったプレイヤー個人の戦績を確認できる画面を公式ホームページに追加します。

情報元 : CS NEO

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!