eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

2007年のCPLはCounter-Strike1.6で開催

Cyberathlete Professional League(CPL)
Cyberathlete Professional League(CPL)』の創設者であるAngel Munozが、GotFrag.comのフォーラムにて、CPLは2007年のイベントで『Counter-Strike1.6』を使用することを発表しました。

Angelの書き込み

For the teams now switching to Source because DirecTV was denied a license for 1.6, I sincerely wish you the best of luck. The CPL is using 1.6 in 2007.

DirecTVやIGN Entertainmentによって開催される『Championship Gaming Series』はCS:Sourceを採用しており、すでに海外のプロゲームチームがCS:Sourceに活動タイトルを変更するなどしています。

今回の発表は『CS1.6』と『CS:Source』のコミュニティに大きな影響を与えそうです。

technicsさん情報ありがとうございました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar Rhino says:

    次のニュースは
    「ZEXがCS1.6での活動を再開」
    に1ペソ

  2. Avatar Yukari.T says:

    まぁ今年は1.6メインでしょうなぁ
    1.6とCSSを両方同じメンバーがやっているチームは厳しそうです。