Shoot it!『いまこそマインドスポーツの地位向上を』

Slash Games
SlashGamesに連載されているe-Sportsライター杉山さんのコラム『Shoot it!』の第20回『いまこそマインドスポーツの地位向上を』が掲載されていました。

コラム前半にて、先日開催されたAOGC2007における、Goodplayer.jpの犬飼さん(POLYGON)、電通スポーツ事業局の竹田さん(Buddha)の講演について書かれています。
二人の経歴の紹介や、日本予選に向けた統括団体設立の期待などが主な内容です。

そして、Eスポーツと似たようなスポーツとしてマインドスポーツを紹介。
マインドスポーツとは、囲碁、将棋、チェス、トランプ、ボードゲーム、麻雀といった頭脳スポーツのことをさしているそうです。
この中のチェスは、昨年のアジス室内大会に日本代表を送り出してから、以前よりも認知度がアップしたとのこと。

Eスポーツも日本代表が出場することになれば、同じようなことが起こる可能性が考えられます。

このあたりにまつわる興味深い話がコラムでは紹介されています。

情報元