eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CPL創設者Angel Munozインタビュー

Cyberathlete Professional League(CPL)
Cyberathlete Professional League(CPL)』の創設者Angel MunozへのインタビューがGGL.comに掲載されています。
先日発表された、CPL World Tour2007などについての質問に答えています。
気になった点を簡単にまとめてみました。

  • Sierra Entertainmentと、その親会社のVivendi Gamesとは10年来の付き合いで、過去にCPLでエイリアンVSプレデター2、FEARのトーナメントを開催したことがある。両者はEスポーツを理解しており、World Tour2007のサポートの申し出があり条件が申し分ないので協力することになった。
  • World in ConflictはCPL NordicとDreamhackの理事であるDavid Garpenstahl氏より打診があった。World in Conflictは競技向けに設計されたRTSで、検討を重ねて採用になった。CPLの参加ゲーマーたちは特別なベータプログラムに参加できるなどの特典があるらしい。
  • CPL Summer、CPL Winterともに例年通り開催予定。Winterはチャリティイベントにする計画。
  • CPLでCounter-StrikeやQuakeをあつかってきたが、マンネリになってきており新しいゲームが必要だと思っている。コミュニティが失望したのはわかっているが、今年、自分たちがまた同じことをできないことはわかっていた。これらのタイトルはCALで面白い計画がある。
  • FPS『Severity』の開発プロジェクトは進行中。パブリッシャーが決定次第、詳細を発表予定。
  • CPLは新しいことにトライすることを恐れない。他とは違ったことをするのが好きだ。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar JamesB says:

    >CPLでCounter-StrikeやQuakeをあつかってきたが、
    >マンネリになってきており新しいゲームが必要だと思っている。
    サッカーや野球は何世紀にも渡ってプレイされているのに、
    なぜ、ゲームであるCSやQuakeがマンネリに思われてしまうのか、
    そこらへんを"Severity"の開発に生かしてもらいたいところです。

  2. Avatar toriyama says:

    どうなのカーマック?
    「違うよ、全然違うよ。マンネリじゃないよ。」

  3. Avatar ホギ says:

    マンネリなのは、ゲームではなくゲームの見せ方なんじゃないのかなぁと思う。
    そういう部分での挑戦を忘れないでほしい。

  4. Avatar Yukari.T says:

    ずっとCS1.6やQuakeでイベントを開いていくわけにもいかないでしょう。
    新しいゲームを開拓しないとスポンサーも困りますしねぇ。
    かといってそれらをこえるほど良作ゲームが出てこないのも問題ですが。
    Severityが一発逆転な破壊力を持ったものになることに期待しておきましょう。

  5. Avatar ふみお says:

    Severityには恒久的に採用されるタイトルになってほしいけど、今回の様子を見てると1年で別のゲームに鞍替えしそうで怖い

  6. Avatar KT says:

    TrackManiaNationsみたいに1大会だけ採用していくゲームが増えるのは余り楽しいことではないかもしれない。