eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

BegripとNiP間のプレーヤー移籍問題

NiP
3月に、Johan “face” KlassonがBegrip-GamingからNiP-Gamingへと移籍した件について問題が発生していましたが、どうやら解決に向かったようです。

faceはBegrip-Gamingとの7ヶ月契約を結んでいました。
faceはこの契約が継続している状態にも関わらず移籍を決定してしまったため、Begripは契約不履行としてfaceに対し訴訟も辞さない状態だったようです。

しかし、両チームが話し合いを行いNiP-GamingがBegripに対して移籍金を支払うことで、この問題は解決することになりました。

faceはCB EuroCup XVの対Against All Authority戦にてNiPの正式メンバーとしてデビューすることになります。
この件については、公式発表が行われるそうなのですが、NiPの公式サイトはデータベースエラーが出たままでサイトにアクセスできない状態です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/