eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

米陸軍がスポンサーのEスポーツ大会『Army Gaming Championships』開催

Army Gaming Championships
アメリカ陸軍がスポンサーのEスポーツ大会『Army Gaming Championships(AGC)』が賞金総額$200,000(約2,450万円)で開催されます。

Army Gaming Championships競技ゲームタイトル

  • America’s Army Special Forces (Overmatch)
  • Battlefield 2142
  • Call of Duty 2
  • Call of Duty 3
  • Command & Conquer 3 for both PC and Xbox 360
  • Counter-Strike: Source
  • Gears of War
  • Halo 2
  • Resistance: Fall of Man
  • Tom Clancy’s Ghost Recon: Advanced Warfighter 2
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Vegas

ゲームはラダー方式で行なわれ、それぞれのタイトルの上位入賞者には賞金が支払われます。
賞金の額はタイトルごとに異なりますが、スポンサーがアメリカ陸軍なだけに、『America’s Army Special Force』の賞金が最も高額になっています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    アメリカ陸軍がスポンサーということもあって、戦争ゲームばっかりだ・・・