eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

サムソンがWCGスペイン予選のスポンサー費を減額し大混乱

World Cyber Games
WCGスペインは、サムソンがWCGスペイン予選のスポンサー費用を大幅に減額したことを理由に、『Counter-Strike』と『FIFA 2007』以外の予選開催を中止することを発表しました。

どうなるWCGスペイン予選

サムソンからのスポンサー費用70%がカットされたとのこと。
これにより、レアルマドリードのホームスタジアムで予選を開催するという計画は白紙に戻ることとなりました。
新しい予選の開催場所が決定していないため、予選開催が危うい状態のようです。
WCGスペインは、開催に向けて全力で取り組み中とのこと。
大人の世界は厳しいですが、なんとか開催にこぎつけてもらいたいところです。

※コメントでご指摘いただきました内容を反映させ修正しました。
aikoNさん、uNleashed^さんありがとうございました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    70%!?
    レアルマドリードのホームスタジオで開催するとかどれくらい資金提供していたんだろうか・・・

  2. Avatar fixy says:

    これはアトレチコマドリーのホームスタジアムに変更ですね。

  3. Avatar Yukari.T says:

    迷惑すぎる・・・

  4. Avatar aikoN says:

    サムソンはメインスポンサーだったのですが、どうやら7割減はサムソンが提供するうちの7割を減らすということでした。会場がレアルのスタジアムが使えなくなったので、今は別のべニューを探しているそうです。

    どうやら過去にもサムソン開催の大会で支払いがちゃんと届いてないケースがあったようですね・・。どなたかesports界に恵みの手を。

  5. Avatar uNleashed says:

    撤退ではなくて7割に縮小(30%カット)という事かな? 🙂