eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ID Gamingがスポンサー問題により解散

ID GAMING

ドイツのID Gamingがスポンサー問題により解散することになりました。

MYMによると、ID Gmaingのメインスポンサーであるエナジードリンク会社Rhinoがスポンサーを下りたため様々な支払いが不可能となり解散を決定したようです。

チームキャプテンのTim “silver” Hochgrebeによると、プレーヤーの月給は3ヶ月支払いがストップしている状態だったとのこと。
チームは給与が支払われないため1ヶ月近く練習を行なっていない状態で、最近の試合も散々な結果となっていました。

チームのメンバーたちは、ins Xというチーム名でESL Proseriesに参戦中です。

  • Germany Christian “todi” Hackmann
  • Germany Christian “Blizzard” Chmiel
  • Germany Tim “silver” Hochgrebe
  • Germany Alexander “XaVe” Ackenhausen
  • Germany Witali “nuY” Martin
  • Germany Christopher “Fragmaster” Kolla

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar kinnkyuu says:

    Eスポーツがメジャーじゃないから
    不払いしてもブランドに傷がつかないと思ってるんじゃね?>スポンサー