JESPAがeスポーツ日韓戦の発表会を開催

日本 eスポーツ協会設立準備委員会
日本eスポーツ協会設立準備委員会(JESPA)』が 12 月 1 日にお台場で開催される『eスポーツ日韓戦』の発表会を 11月22日に都内ホテルにて行いました。
eスポーツ日韓戦は『韓国 e-Sports 協会(KeSPA)』との共催で、JESPA 公式サイトにて参加者を募集していた「フリスタ!!FreeStyle」の他 PS3 ソフト『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008』『鉄拳 5』の競技大会を行うほか、韓国で人気のある RTS『Starcraft』のエキシビジョンマッチを開催すると発表しています。

この発表会では JESPA 委員長補佐である平方彰氏と委員長で自民党衆議院の西村康稔氏が出席し、そのなかで西村氏は以下のように挨拶しました。

「日本のゲーム業界は大きな産業となったが、負のイメージももたれている。eスポーツを普及することにより、ゲームを青少年が健全に育つための場にしたい。ゲーム業界は日本も先進的だが、eスポーツについては韓国に追いつけ追い越せでやっていきたい。その中で日韓の交流も深まればいいと思う」(GameWatch より抜粋)

また会場には Goodplayer.jp の犬飼博士氏も委員として参加し、アジアオンラインゲームカンファレンスにて電通の竹田恒昭氏と行なった講演がきっかけと話ており、「ようやく、やりたいことができるようになった」と肯定的な姿勢を見せています。

また準備委員会がいつごろから正式に協会から活動するかという質問に対して西村氏は「来年の半ばごろに立ち上げられれば」と話しています。

情報元

コメント

ホギ

eアスリートやアスリートゲーマーという新しい言葉が出てきていますね。
以前KeSPAの人が言っていたスターパワーというのに近いものでしょうか。