eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『DHARMAPOINT』がゲーミングキーボード『DRTCKB91UBK』の自主回収、無償修理を発表

DHARMAPOINT
シグマ A・P・O システム販売株式会社が展開するゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』が、同ブランドのゲーミングキーボード『DHARMA TACTICAL KEYBOARD(DRTCKB91UBK)』の自主回収を発表しました

DRTCKB91UBK 自主回収について

ダーマタクティカルキーボード
『DRTCKB91UBK』が自主回収になった理由は、キー押下スイッチの部品であるカップラバーシートに、該当製品でないカップラバーシートが混在している可能性があることが判明したためとのこと。
これにより、本来全キーが 30g 加重になるところ、ラバーシートが正しくない製品ではキーごとに荷重が異なる状態となってしまっているそうです。

現在、店頭で販売されている全製品を自主回収すると共に、すでに製品を購入しているユーザーを対象に無償での修理受付を実施するとのこと。

修理の申し込み方法、対応スケジュールについては下記の詳細ページをご覧ください。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/