『AVARST 2014 Season3』オフライン決勝戦でRecycle(護衛部門)、DeToNator(爆破部門)が優勝

AVARST 2014 Season3

12月29日(月)に後楽園ホールで開催された『AVARST 2014 Season3』にて、護衛部門でJapan Recycle、爆破部門でJapan DeToNatorが優勝となりました。

AVARST 2014 Season3

AVARST 2014 Season3

『AVARST 2014 Season3』は爆破部門360チーム、護衛部門45チームの参加で行なわれ、予選を勝ち抜いた各部門2チームずつが、後楽園ホールの舞台で王者を決める決勝戦に進出しました。

今大会は「AVAれ祭2014」内にて実施され、大会会場に縁日が登場したり、選手達が迫力の太鼓と共に登場するなど「祭」をテーマにした演出が行なわれました。

AVARST 2014 Season3

護衛部門は Recycle が敗者側トーナメントから逆転優勝

護衛部門の決勝戦に進出したのはJapan DeToNatorとJapan Recycleの2チーム。Japan RecycleはSeason2の決勝でJapan DeToNatorを倒しており、今大会は大会2連覇を狙います。対するJapan DeToNatorはリベンジと王座奪還をかけて試合に臨みます。

AVARST 2014 Season3
Recycleのメンバー

Japan DeToNator 勝者側トーナメントを勝ち上がってきたため1回勝てば優勝、Japan Recycleは敗者側トーナメントからの進出なので、優勝には2回の勝利が必要となります。

対戦マップは「RISING DUST」。「EU」軍は戦車を護衛しながら制限時間内に第一・第二防衛ラインを突破し、最終目的地に到達することで勝利。対する「NRF」軍は、戦車の進行妨害して到達を阻止することが勝利条件です。

試合は Japan DeToNatorが先攻で「EU」軍からスタート。Japan DeToNatorは開始2分で第一防衛ラインを突破するスピード展開で、続く第二防衛ラインもそのままのペースで通過。ここからJapan RecycleはJapan DeToNatorの猛攻を約9分間に渡って守りますが、Raz_Berry選手が残り1分で見事な飛び出しを見せ、最終防衛ラインを目前に沈黙する戦車の修理に成功。そのまま戦車を運びきりJapan DeToNatorが前半を勝利します。

AVARST 2014 Season3
DeToNator

後半で攻め側となったJapan Recycleも早い展開で戦車を進めます。Japan DeToNatorは修理の難しいポイントで戦車を破壊することに成功し、ここで大きく時間を消費させることに成功。Japan Recycleは第二防衛ラインに向かうルートでも妨害を受け、残り約7分を残して最終防衛ラインへの到達を目指す展開に。

Japan Recycle は猛攻を受けながらも戦車を押し進めます。Japan DeToNatorはPRGで戦車を破壊したいところですが、Japan Recycle がうまくこれを防ぎながら残り4分を残して一気に最終防衛ラインへ到達し見事に1試合目を勝利して2連覇実現に近づきました。

AVARST 2014 Season3

優勝チームが決定する第2試合目は、Japan Recycle が攻め側でスタート。
勢いに乗っているのか、Japan Recycle は2分15秒ほどで第一防衛ラインを突破。さらに、そのまま10分50秒を残して第二防衛ラインを通過します。

Japan Recycle は飾音選手がRPGを取らせない動き、さくたろう選手が有利な建物の3階をキープするポジショニングで守備のJapan DeToNatorを翻弄。Japan DeToNatorも猛攻を凌ぎ、1:40頃に絶妙な位置で戦車を破壊。Japan Recycleも負けじとJapan DeToNatorの5人を倒すなど凄まじい展開となり、Japan Recycleが10分近くをかけ最終的に0:27で目的地に到達することに成功しました。

後半攻め側となったJapan DeToNatorは第一防衛ラインを11:30ほど残して通過。そして残り7分で第二防衛ラインを突破し、最終防衛ラインに向けて猛攻を仕掛けます。ゲームは残り10秒近くまで激しい攻防が続き、Japan DeToNatorのラストアタックを封じ込めたJapan Recycleが戦車の進撃を阻止して勝利。見事優勝し大会2連覇を達成しました。

爆破部門はDeToNatorが圧倒的な力を見せつけ大会5連覇を達成

AVARST 2014 Season3

爆破部門は、国際大会でも活躍する Japan DeToNator と、徐々に調子を上げて決勝まで進出してきた Japan Galacticの対戦。 Japan Galacticは普段行なう Japan DeToNator との練習試合で勝利することもあり、どちらが勝つかは予想が付かない、というのが試合前の下馬評でした。

試合は2マップを先に制したチームが勝利となる Best of 3形式で実施され、Japan DeToNator は2マップを先に勝利すれば優勝決定。
対するJapan Galacticは、一度2マップを制してJapan DeToNator を倒し、さらにもう一度 Best of 3 で勝利することが優勝の条件となります。

1試合目のマップは守りが有利な「HAMMER BLOW」でJapan Galacticが攻め側からスタート。

AVARST 2014 Season3
Galactic

Japan Galacticは早い段階で2人を倒されてしまい3-5と不利な展開となり1ラウンド目を落としてしまいます。2ラウンド目は爆弾の設置まで成功させるも Japan DeToNatorが上手く取り返し解除勝利。続く3ラウンド目も爆弾設置まで行くものの爆破までには至りませんでした。

4ラウンド目も全滅となり苦しい展開のJapan Galactic。5ラウンド目にはドロップした爆弾をはさんでJapan GalacticのAfron選手とJapan DeToNatorのAk~ayS選手によるスナイパー対決となり、Afron選手が見事に撃ち勝ち会場をわかせましたが、Japan DeToNatorのすばやいカバーが入りラウンド取得はなりませんでした。

前半は5-0でJapan DeToNatorがリード。後半もJapan DeToNatorは個人技と連携力のとれたプレーで圧倒し7-1で1マップ目を勝利しました。

AVARST 2014 Season3
DeToNator

2マップ目は「CANNON」での対戦。優勝に王手がかかる Japan DeToNatorに対し、絶対に負けることが出来ないJapan Galacticという展開です。

1ラウンド目は攻めのJapan DeToNatorが1-4と不利な状況から爆弾を設置しますが、人数有利なJapan Galacticが爆弾を解除して勝利。

Japan Galacticはこのまま勢いに乗りたいところですが、Japan DeToNatorは続く2、3ラウンドを殲滅勝利で勢いを止め、4ラウンド目にはスナイパーのAk~ayS選手がJapan Galacticの心を折る4人抜きのスーパープレーを披露します。

AVARST 2014 Season3
Ak~ayS選手

Japan DeToNatorは圧倒的な力を見せつけ残るラウンドを次々に連取。最終スコア7-2で勝利し、大会5連覇という偉業を達成しました。

AVARST 2014 Season3

試合結果

試合後のコメントによると、護衛部門優勝のJapan Recycleは大会3連覇を目指して2015年の活動を行なっていくとのこと。また、爆破部門優勝のJapan DeToNatorは兼ねてからの目標である世界一実現を目指すそうです。

2014年の大会は今回が最後となりましたが、2015年シーズンの第一歩を早くも踏み出したとも言えるかもしれません。

最終結果

護衛

AVARST 2014 Season3

AVARST 2014 Season3

爆破

AVARST 2014 Season3

AVARST 2014 Season3

各試合の様子は、ニコニコ生放送のタイムシフト機能を使って見ることができます。

AVARST 2014 Season3
会場を埋め尽くしたAVAファンのみなさん

写真

情報元

Alliance of Valiant Arms

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。