Dota 2世界大会『The International 2015』でEvil Geniusesが優勝、優勝賞金は約8億円

The International 2015

賞金総額約22億円のDota 2世界大会『The International 2015』で United States Evil Geniusesが優勝となりました。

The International 2015

『The International 2015』は、招待、予選通過を合わせた世界のトップ16チームが出場し、アメリカのシアトルにて開催されました。

Main Eventはダブルイリミネーション方式トーナメントで行なわれ、勝者側トーナメントを China CDEC Gaming 、敗者側トーナメントを開催国アメリカのプロゲームチーム United States Evil Geniuses が勝ち上がり Grand Final に進出しました。

Grand Finalは United States Evil Geniuses が China CDEC Gaming を 3 - 1で下し、世界一の称号と賞金約8億円を獲得しています。

順位 (賞金総額 $1,841,697 - 約22.8億円)

出場チーム

Grand Final (Best of 5)

Game 1
開始から China CDEC Gaming が MidのSuma1Lに3連続のGankを成功させます。
一方的な展開になるかと思いきや、 United States Evil Geniuses は、少人数戦で次々にキルを獲得して15-4とし経験値とマネーを大きくリード。
その後も、集団戦で序盤の負債を完全に返したSuma1LのStorm SpiritがCDECを翻弄。
FearのGyrocopterもファームが進み、United States Evil Geniuses の連係もうまく機能しもはや手が付けられない状態となり、China CDEC Gamingが34分で投了となりました。

Game 1

Game 2
China CDEC Gamingが開始3分で1キル先行から少人数戦で5-2とリード。 United States Evil Geniuses はさきほどの試合と違って連係がかみ合っていない印象。

United States Evil Geniuses はUniverseのClockwerkがPower Cogsで敵を封じ込める展開で反撃していきますが、China CDEC Gaming はタワー2本を獲得しマップを広く展開しながら、Smokeを使ったGankで United States Evil Geniuses を4キルしさらにゲームをリード。

トップタワーを一本しか獲得できていない United States Evil Geniuses に対し、China CDEC Gaming はセカンドタワーを全て折りマップを広く展開。

United States Evil Geniuses はレーンの押ししすすめに貢献するBroodmotherをClockwerkのHookshotをきっかけに2連続で倒し、さらに4killで United States Evil Geniuses がゲームの流れを引き戻し始めますが、その後の集団戦で全滅。さらに China CDEC Gaming は4人を一掃する展開となり、 United States Evil Geniuses がGoog Gameをコールして2ゲーム目は China CDEC Gaming の勝利となりました。

Game 2

Game 3
序盤から交戦が繰り返され China CDEC Gaming が7-4とリードしトップタワーを獲得。
United States Evil Geniuses は25分頃にビハインドを取り戻し、その後約10分間はお互いに牽制しあいながら次なる集団戦をうかがう展開。ようやくぶつかった集団戦では、United States Evil Geniuses 側が3-2トレードオフからRoshanを獲得し経験値、マネーで逆転。

お互いに交戦を繰り返しUnited States Evil Geniuses がタワー獲得数で並びます。その後、United States Evil Geniuses が長時間の激しい集団戦を制したところでChina CDEC Gaming が投了。United States Evil Geniusesが我慢強い戦いで、優勝に王手をかけました。

Game3

Game 4
United States Evil Geniuses はFearのGyrocopterがファーミングを続け、Suma1LのStorm Spiritが単独行動している China CDEC Gaming プレーヤーを倒す一方、China CDEC Gaming はPhantom Lancer、Lina、Dragon Kingtが早いクリープ処理でレーンを徐々に押し進め、先に1stタワー3本を陥落させます。

Roshanを狙う China CDEC Gamingに対し、UNiVeRsEのEarthshakerが飛び込み一気に4人を倒すスーパープレーが炸裂。

その後は、Evil Geniusesがまさにケミストリー爆発というようなチームプレーの連続でゲームの流れを完全に支配。39分に China CDEC Gaming が「good game」をコールし United States Evil Geniuses の世界一が決定しました。

Game5

開催国アメリカの優勝ということで会場はかなりの盛り上がりとなりました。

大会の基本賞金総額は160万ドルですが、大会に関連するゲーム内アイテムが購入される毎に、その25%が賞金総額に配分される仕組みが導入されており、結果として賞金総額は約10.5倍の1841万6970ドルとなりました。

2014年大会の優勝賞金は約5億円で、下記のような賞金配分となっています。

Grand FinalのEvil Geniusesは本当に素晴らしく、世界一に相応しいチームワーク、我慢強さをみせてくれました。

中国予選2位からWildcard予選を抜けて、本戦では勝者側トーナメントからGrand Finalに進出した China CDEC Gaming も素晴らしいチームだったと思います。

今後は、リリースされるであろう大会のハイライトムービーやドキュメンタリなどを紹介していきたいと思います。

情報元

DOTA2 The International 2015

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。