Natus Vincere の 2010 年獲得賞金総額が $220,000 を突破

Natus Vincere
HLTV.org が Ukraine Natus Vincere の 2010 年獲得賞金総額が $220,000 を突破したとのレポート記事を掲載しています。

Na´Vi scored $220,000 in 2010

Natus Vincere が獲得した 2010 年の賞金は下記の通りです。
総額で $220,000 を越えており、これは Sweden fnatic が 2009 年に獲得した $189,000 という賞金総額を上回るものとなっています。

Natus Vincere 獲得賞金

順位 大会名 開催日 獲得賞金
1位 Sweden DreamHack Winter 11月25~27日 $28,200
4位 China World e-Sports Masters 11月3~7月 $7,500
1位 United States World Cyber Games 10月1~4 $25,000
3位 Ukraine ASUS Summer 8月28~29日 $3,000
3位 China IEM5 GC Shanghai 7月29日~8月1日 $5,000
1位 United States Arbalet Cup Dallas 7月22~24日 $25,000
3位 Spain GameGune 7月16~18日 $4,000
1位 France ESWC 6月30日~7月4日 $36,000
1位 Ukraine CGL Ukraine Season 5 & 6 6月12日 $1,800
2位 Sweden Arbalet Cup Europe 5月14~16日 $10,000
1位 Ukraine Arbalet Cup Best of Four 4月9~11日 $12,000
1位 Ukraine Arbalet Cup Ukraine 4月3日 $3,000
1位 Germany IEM4 World Championship 3月2~6日 $50,000
1位 Kazakstan Arbalet Cup Asia 1月30~31日 $10,000
5位 Germany IEM4 EU Championship 1月14~17日 $1,250
合計 $221,750

※ DreamHack Winter2010 の賞金には $14,100 相当のギフトカードが含まれています

さらに、『Intel Extreame Master European Championship Final』出場権を獲得し $750、グループステージでの勝利ボーナス $200 × 5 試合分で $1,000 を得ています。
(以前の発表では $200 でしたが、ソースでは $500 で計算されていました。変更されたのでしょうか。)

これも足すと総額は $223,500(約 1,868 万円, $1=83.61 円)になります。
各選手の賞金取り分については約 $45,000 (約 376 万円)前後と紹介されていました。

この他にもスポンサーからの収入などもあるかもしれませんが、これだけの活躍をして各選手が得られる金額がこれだけということで、チーム競技のプロゲーマーは現在だとなかなか大変な職業なのではないでしょうか。

元記事では、IEM4 EU Finals、IEM4 World Championship、 IEM5 GC Shanghai、 WEM2010, WCG2010GamGune2010、DreamHack Winter2010 の賞金がチームに支払われていないという情報も紹介されていました。

情報元

コメント

Avatar Daruku

今年は解散したチームが特に多かったからなあ・・

Avatar ゆりうすさん

ウクライナの物価だと$45,000って・・・・

Avatar teychon

昔雑誌で得た知識ですが、アメリカの様々なプロスポーツはケーブルTVで
放映されててその膨大な視聴料が利益の基盤になってるそうです。
大手スーパーのウォルマートなんかはケーブル会社が親会社?で視聴率と関連商品の二重コンボで利益を得てるとかなんとか。
e-sportsは結局何で利益を出すかという点がまだ弱いですね。
だからと言って右倣えで観戦を有料化するには認知度的には
まだ早過ぎる気はしますし、難しいところですね。