『KODE5 2010 Global Final』CNB-Gaming が優勝

KODE5 2010 Global Final

2010 年 12 月 4 ~ 5 日にPeruで開催された『KODE5 2010 Global Final』で Brazil CNB-Gaming が優勝となりました。

KODE5 2010 Global Final

順位

  • 1 位: Brazil CNB-Gaming – $25,000
  • 2 位: Argentina Wild Ineters – $10,000
  • 3 位: Peru Money Makers – $5,000
  • 4 位: Peru Artyk

出場チーム

  • Argentina Wild Ineters – Zote、Sebaxinho、mvk、Relik、k0nest
  • Peru Artyk – Durst、Hadrok、Mokoton、Pocker、Pult
  • Peru Monkey – arturO、fckie、Guepard、glujac、lunattack、Zhe
  • Peru Lucky Shot – Cerberus、CharlesManson、Lazier、tr1baL、Vaati
  • Peru Money Makers – Bola1、Nolaw、tutu、xock、wArpAtH
  • Peru AMA – Arte、charx、hackz、logout、meph
  • Brazil CNB-Gaming – BTT、chucky、MKR、prd、spacca
  • Russia Iron Will – 棄権

決勝戦

  • Brazil CNB-Gaming [2-0] Argentina Wild Ineters
    • Brazil CNB-Gaming [16-03] Argentina Wild Ineters (de_inferno)
    • Brazil CNB-Gaming [16-09] Argentina Wild Ineters (de_train)

準決勝戦

  • Argentina Wild Ineters [16-06] Peru Money Makers (de_inferno)

敗者側決勝戦

  • Peru Money Makers [16-13] Peru Artyk (de_inferno)

勝者側決勝戦

  • Brazil CNB-Gaming [16-01] Argentina Wild Ineters (de_nuke)

敗者側準決勝戦

  • Peru Money Makers [16-03] Peru Monkey (de_dust2)
  • Peru Lucky Shot [11-16] Peru Artyk (de_inferno)

勝者側準決勝戦

  • Argentina Wild Ineters [16-00] Peru Monkey (de_nuke)
  • Brazil CNB-Gaming [16-04] Peru Artyk (de_nuke)

敗者側 Round 1

  • Peru Money Makers [16-14] Peru AMA (de_train)
  • Peru Lucky Shot [01-00] Russia Iron Will

Round 1

  • Argentina Wild Ineters [16-09] Peru Money Makers (de_train)
  • Peru Monkey [○棄権×] Russia Iron Will
  • Brazil CNB-Gaming [16-03] Peru AMA (de_inferno)
  • Peru Lucky Shot [11-16] Peru Artyk (de_inferno)

過去の KODE5 優勝チームは以下のとおりです。

  • 2009 年 – Sweden Fnatic – cArn、dsn、f0rest、Gux、GeT_RiGhT
  • 2008 年 – Denmark mTw – whiMp、zonic、Sunde、ave、MJE
  • 2007 年(オランダオープン戦) – Sweden SK-Gaming – allen、Tentpole、RobbaN、SpawN、walle
  • 2007 年(ドイツオープン戦) – France emuLate – MaT、mSx、ioRek、R!Go、HaRts

以下は Yossy による補足

今年の『KODE5 2010 Grand Final』は、多くの大手サイトで特集が行われなかった他、出場権を獲得していた x6tence、Iron Will が参加を辞退し出場したのがほぼ開催国周辺のチームだったりと、例年に比べると盛り上がりに欠けていたのは間違いないでしょう。
予選スタートから Grand Final 実施までかなりの期間が空いてしまったり、大会サイトが更新されなかったりと不備が多い大会であったという印象です。

来年度の開催についてはどうなるのかは不明ですが、不評だった点が改善されると良いですね。

情報元