eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Team Fortress 2』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』アップデート(2012-07-20)


『Team Fortress 2』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』がアップデートしました(2012-07-20)。

Team Fortress 2, Day of Defeat: Source and Half-Life 2: Deathmatch Updates Released

Team Fortress 2, Day of Defeat: Source, Half-Life 2: Deathmatch に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
主な変更点は以下の通りです。

Source Engine Changes (TF2, DoD:S, HL2:DM)

  • 名前をものすごい勢いで変更するクライアントを制御する sv_namechange_cooldown_seconds を追加した(デフォルトは 20 秒)
  • “reliable snapshot overflow”が原因でクライアントが落ちてしまう場合に netspike ファイルの自動廃棄を選択的に可能とする sv_netspike_on_reliable_snapshot_overflow を追加した。
  • プレーヤー名にカラーコードが含まれるのを防ぐためのチェックを追加した
  • setinfo コンソールコマンドは一般的ではない文字列を含む set/ change Convers をリジェクトするようになった

Team Fortress 2

  • ゲームサーバーがクライアントの inventory アップデート情報を適切に受信しない原因となるバグを修正した
  • 全クラス対応のアイテムを適切に装備できないのを修正した
  • DirectX8 のウォーターエフェクトを修正した
  • Beggar’s Bazooka が crit ロケットを発射した後に 100% crits で不発となってしまうのを修正した
  • Posthumous Kills strange part を受け入れないのを修正した

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/