eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ESEA がヨーロッパに再進出、『ESEA Europe』のスタートを発表

ESEA
ESEA がヨーロッパに再進出し『ESEA Europe』をスタートさせることを発表しました。

ESEA Europe

『ESEA Europe』はまずは小さくスタートということで、ノルディック部門とドイツ部門の 2 つで始動となります。

2 つの部門の開始にあたり、地元で積極的に活動している下記 2 名が運営に関わっていくとのこと。

  • Nordic – Tomi “lurppis” Kovanen (プロゲーマー)
  • Germany – Pouria “puri” Naseri (元 mousesports マネージャー)

ESEA はアメリカで Counter-Strike、Counter-Strike:Source コミュニティのサポートを 10 年近く続けており、ヨーロッパでも Counter-Strike: Global Offensive を含めこの体制を維持していく方針とのことです。

現在はサービス開始に向けて、クライアント、サーバー、Web サイトの翻訳を進めているそうです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar jλcks says:

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
    この調子でアメリカでCPLとかもワンチャン復活してくれないかな
    アメリカが関わればそれに関連する企業とかも出てきて
    FPSだけじゃなくeSports全体のCommunityも寂れてる所は息を吹き返すし、それ以上の勢いも付くと思うし。
    事実アメリカでCS廃れたのってCPL無くなったのがマジでデカいし
    fmmmmmmmm….

  2. Avatar MamE says:

    足向けて寝れない人
    Nix0nさん
    lurppisさん
    Yossyさん